ついに判明!「年収2,000万円以上」を稼ぐ男性はココにいる…

彼の年収は、当然、少ないよりも多いほうが嬉しい人が多いのではないでしょうか。「結婚するなら、経済力がある男じゃないと」と思っているなら、「年収1,000万以上」なんて言わないで、どうせなら“2,000万円以上”稼ぐ男性をロックオンしてみてはいかがでしょうか。そんな好条件な男性の典型的な共通項と人物像に迫ります!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年収2,000万円以上を稼ぐ人の年代TOP3

アンテロープキャリアコンサルティングの「年収2000万円を超えるププロフェッショナル人材の実態に関する調査」によって、2,000万円以上を稼ぎ出す男性が多い年代が明らかになりました。

その年代別TOP3は、以下の通りです。

1位:40代・・・42.8%

2位:30代・・・30.5%

3位:50代・・・21.9%

40代が最も多く、次いで30代。40代の男性と交際となると、年の差婚も視野に入れる必要が出てきますが、30代なら一般的な年齢差で済む女性も多いのでは?

では、2,000万円以上稼ぐ男性は、どんな仕事に就いていることが多いのでしょうか。 

2,000万円以上稼ぐ男性はドコにいる?

同調査で、“所属企業”を調べてみると、「金融」がダントツに多く78.8%に。

2番目に多かった「事業会社」は14.2%ですので、年収2,000万円以上の男性と出会うのであれば、「金融」に努めている男性を狙うと可能性がグーンとアップ。

合コンや紹介で出会いたいならば、「金融の男子紹介して〜」とお願いしておくと良さそうです。

ちなみに、同調査によると「その中でも特に外資系投資銀行、日系大手証券会社、国内外のアセットマネジメント(資産運用)会社は突出しており、これらだけで全体の半分以上にあたる56.6%を占める」とのこと。

狙いを絞って、出会っていきたいですね。

 

年収2,000万円以上を稼ぐ男性の出身大学TOP3

そして、さらに同調査では、年収2,000万円以上を稼ぐ男性の出身大学の傾向まで明らかに!

それによれば、TOP3は以下となります。

1位:早稲田大学・・・10.7%

同率2位:東京大学・・・8.9%

同率2位:慶應義塾大学・・・8.9%

 

やはり、名門と言われる大学がズラリと並ぶ結果に。「ドコの大学を出たんですか?」とはなかなか聞きにくいけれど、誰かにコッソリ尋ねるなどして、ターゲットを見つけてみてください!

 

結論! 2,000万円以上を稼ぐ典型的男性像

以上の結果を考察すると、年収2,000万円以上を稼いでいる男性の典型的な共通点は次のようになります。

(1)アラフォー世代

(2)外資系投資銀行、日系大手証券会社、国内外のアセットマネジメント(資産運用)会社のいずれかに勤務

(3)早稲田大学出身

これらの条件を全て満たす男性ほど、年収2,000万円以上を稼ぎ出している可能性が高いという仮説が立ちます。

これから高年収男性との結婚を視野に入れている女性は、こんな男性をターゲットにすると、希望が現実になりそうです。

 

「どうしても高年収の男性がイイ!」と思っている女性は、「年収1,000万以上」なんて小さい条件ではなく、せっかくなら2,000万円以上稼ぐ男性をロックオンしたいですよね。

ぜひ、探してみてください。

  

【参考】

年収2000万円を超えるプロフェッショナルの実態 – アンテロープキャリアコンサルティング

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!