ドキドキ…大興奮!カレシと盛り上がれる「エッチなゲーム」4つ

みなさんは、カレシと一緒にいて仲良しだけど退屈を感じてしまうことはありませんか? そんなときは、ぜひ「エッチなゲーム」でもしてムフフと楽しんでみてください。『妄想ひとりHのススメ: 本物より気持ちいい』の著者で恋愛コラムニストの箱崎キョウコさんに「カレシと盛り上がれるエッチなゲーム」のやり方を教えていただきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:エッチな罰ゲーム

箱崎「エッチな罰ゲームをかけて、ゲームをすると面白いですよ。最初は、“負けたほうが1枚ずつ脱ぐ”というルールでもいいかもしれませんね。もちろん、部屋は暖かくしておきましょう。

だんだん負けがこんでくると、もう脱ぐものがなくなってしまいますから、その次に負けてしまったら、今度は相手の言うことをひとつ聞かなければいけない……というルールにします。もちろんエッチな命令をしたり、されたりですよね。

どっちが勝っても負けても、思わぬSっ気やMっ気が見られるかもしれませんよ。ゲームでガチに燃えることによって、勝者の優越感や、敗者の屈辱が起こりますから、性的にもいつもより絶対に興奮できるはずです」

 

2:マネマネゲーム

箱崎「エッチ動画を観て、それをマネしなきゃいけない……というゲームも面白いですよ。複数プレイや、道具を使う動画だと、難しく感じるかもしれませんが、そこは“あるつもりでやる”。

つまり、一人二役でも成り切るということです。

これは“成り切るのが恥ずかしい……”と思ってしまうような人ほど、じつは向いていて、余計に興奮できてしまいます。

ちゃんとできていないのに、動画のなかでエッチがはじまってしまった……。そんなとき、“ほら……、始まっちゃったよ”と強制的にされてしまうのです。なかなかドキドキですよね」

 

3:ロールプレイングゲーム

箱崎「ロールプレイングゲームというと、『ドラクエ』かな? 『FF』かな? と思う方も多いかもしれませんが、そうではなく、そもそもロールプレイとは“役割を演じる”という意味。

いつものふたりではなく、違うふたりに成りきって、違うふたりとしてエッチを楽しむのです。

場所を決めておいて、ナンパするというのもいいですし、男性のほうが配達員の振りをして襲いかかる……などのちょっとハードなものもいいですね。よく聞く“お医者さんごっこ”などもロールプレイの一種と言えるでしょう。

コスプレも、ただ衣装を着るのではなく、役に成りきっていればロールプレイ。その衣装のキャラには成りきらなくても、“コスプレイヤー”に成りきるという、ちょっと高度なロールプレイもありますよ(笑)」

 

4:エッチ我慢ゲーム

「“エッチな気分になってしまったほうが負け……”というエッチ我慢ゲームも面白いですよ。やり方は簡単。ふたりで裸になってベッドに入り、いちゃいちゃはするけど、決してエッチな気分になってはいけない!というゲームです。

普段は大丈夫でも、“してはいけない”という禁止が入ると、人間は不思議なもので、とたんに興奮しやすくなってしまうもの。

このゲームが面白いのは、相手の大事な部分をさわれば、すぐに“エッチな気分”になってしまっているかわかるということですよね(笑)。カラダの反応で、すぐにチェックできます」

 

カレシと盛り上がれるエッチなゲームを4つ紹介していただきました。どれも興奮できそうだし、ゲームとしても面白そうでしたね! 幸せだけれどもマンネリを感じているようなら、ぜひ試してみてください。

 

 

【取材協力】

箱崎キョウコ・・・育児にがんばる4児の母。「案ずるより産むが易し」がモットー。趣味はボルダリング。著書に『初めてのオーガズム: 26人のハツイキ告白』、『妄想ひとりHのススメ: 本物より気持ちいい』がある。