ドキドキ?「今日生理なの…」をなんかエッチに伝える方法3つ

みなさんは、せっかくのデートが生理と重なってしまったとき、どのように相手に伝えますか? 世の中には「エッチできない」とわかったとたん、冷たくなったり帰っちゃったりもする正直な男子もいますから、慎重にいきたいどころですよね。そこで今回は、恋愛コラムニストの箱崎キョウコさんに「今日生理なの……」をなんかエッチに伝える方法をお聞きしました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:「来週思いっきりして」

箱崎「ポイントとしては、“生理”ではなく“エッチ”に焦点をずらすこと。

デートの途中で、“来週……思いっきりしてほしい……”とエッチな感じで、ちょっと照れっとしながら、相手に伝えましょう。

“え? どうして? 今日でいいじゃん”と思いますよね。そう聞かれたら、“今日じつは生理なの。生理後って、すごくエッチな気分になるから、思いっきりしてほしいの”と答えてください。

来週、思いっきりエッチなことが待っている……。こんな期待があるのならば、相手はエッチができなくても、今週思いっきり優しくしてくれますし、来週のために今週のエッチは我慢するし、次に会うまでの間、ひとりでもしないはずです」

生理後の“エッチ”に焦点をずらすという粋なテクニック。今週はガマンしなくちゃいけなくても、そのガマンもまるで前戯のように感じられて、バイバイしてからも、ずっと来週まで興奮しっぱなしかも! 

2:「昨日ひとりでめちゃくちゃしちゃった……」

箱崎「未来のことでなく、過去に焦点をずらすというのもありですよ。

やり方としてはまず、“ごめん……”と意味ありげに切り出し、“え、どうしたの?”と聞かれたら、“昨日ひとりで、めちゃくちゃしちゃった……”と答えましょう。

いきなりのひとりエッチ告白に戸惑う彼。きっと、その理由を尋ねてくることでしょう。それにはこう答えてください。

“なんかすごく変な気持ちになっちゃって。ガマンできなくなっちゃって。もしかして……とは思ったけど、やっぱり朝起きたら生理になってた”。

今日生理でエッチできないというよりも、生理前のムラムラでエッチなことをひとりでしまくってしまった……という告白のほうが、男子にとってはとても衝撃的。“どんな風にひとりエッチしてたのだろう?”と妄想をめぐらしてしまうはず。

“生理後はもっとエッチになっちゃうから、いっぱいしようね”と1のテクとも組み合わせると、さらに効果大ですね」

“昨日ひとりエッチをしまくってしまった……”という告白は、“今日生理なの”という告白よりも衝撃的。そんなにエッチなところがある彼女だったら、生理が終わったらたっぷり楽しめそうだという期待ももたせることができそうです。

 

3:すっごいエロいパンツをベッドの上に置いておく

箱崎「自分から言葉で切り出すのは、どうも恥ずかしい……というシャイな人は、ベッドの上にすっごいエロいパンツを置いておく、という手も使えますよ。

それを見た相手が、“うぉ、これ……”と鼻の下を伸ばしながら言ってくるとします。

そしたら、恥ずかしそうにパッと隠しながら、“これ……、今日、履こうと思ってたんだけど……、履けなくなっちゃって”と悲しそうに伝えてください。

“あ、え、生理なんだ”とわかってくれるかもしれないし、ちょっと鈍感な彼だとしても、“じつは……できない日なの”と自然に言える流れになりますよね。

その日はできないにしても、“来週はコレを履いてくれるのかー”とモヤモヤした期待を抱かせることができ、その日まできっと優しくしてくれると思いますよ。

冷たくしたり、ケンカになっちゃったりしたら、すっごいエロいパンツのエッチがおあずけになっちゃうかもしれないですからね」

なぜかベッドに置かれた“すっごいエロいパンツ”。今日エッチができなかったとしても、“これを俺のために……”と思うと、そのいじらしさに、相手もきっと優しい気持ちになってくれることでしょう。

そして、来週満を持してそれを身につけてくれることを考えると、胸も股間もふくらませてしまうでしょうね。

 

「今日生理なの……」をなんかエッチに伝える方法を3つご紹介しました。男子のしょんぼり・がっかりを期待と興奮に変えることができるこれらのテクニックを使いこなして、さらなるラブラブエッチライフをお楽しみください。