「元気なくなっちゃうよ…」エッチ前に言われると男が萎えちゃう発言

エッチする前のムード作りって大切ですよね。結構ナイーブな男性って多いようなんです。お相手がロマンチストな男性な場合は特に、相手のペースにうまく合わせていかないと、「やっぱ止めた」なんてことになってしまうかも。男性陣に“エッチの前に彼女から言われて、気持ちも体も萎えてしまった発言”について語ってもらいました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:「結婚したい」

「いちばん萎えたのは、これからエッチしようってときに、彼女から“結婚してくれる?”って言われたとき」(Aさん/25歳)

――いきなりですか?

「いや、そのちょっと前から、そういう話をしたがってて、ご飯食べてるときにも“そろそろ結婚考えて欲しいと思ってる”みたいなことは言われてたんだけど、適当に流してて」

――そしたら、そのタイミングで?

「そう。ベッドに押し倒したタイミングで“ねぇ、結婚してくれるの?”って。確かにハッキリ答えなかった俺も悪かったんだけど、あのタイミングだと“結婚してくれるなら、してもいいよ”みたいに聞こえちゃって。一応やったけど、気分はかなり萎えてたなぁ」

うーん、やることはやったんですね……なんだか複雑です。

 

2:「好き?」

「エッチの前っていつもよりは甘い言葉をかけやすくはあるんですけど、それを狙ってなのか、“私のこと好き?”って何度も聞いてこられて、面倒でした」(Iさん/29歳)

――好きって言ってあげなかったんですか?

「いやいや、言いましたよ。でも、3回目くらいに面倒になりましたね」

――あぁ、1回じゃないんですね。

「そうなんです。1回くらいなら全然いいんですよ。もちろん彼女のこと好きだし愛してるんで。ただ、何度も確認されると、疑われているみたいな気分になっちゃうから、逆に気持ちが萎えますよね。信じてないのかなって」

普段もらえない言葉がもらえるからと言って、遠慮しないのはNGのようですね。

 

3:「子どもが欲しい」

「これまで3人くらいあったんですけど、エッチの前に“子ども欲しいな”とか“赤ちゃんできるといいね”とか言うのは絶対止めて欲しい」(Yさん/28歳)

――ダメですか?

「ダメでしょう。もちろん、そういうためにやることではあるけど、言われるとかなりプレッシャー感じちゃいますよ。赤ちゃんは授かりものなんだから、結果できちゃったらもちろん責任取りますけど、前もって言われるのはちょっと……」

――そういうモノなんですね。

「そういうモノだと思いますよ。それに結婚とかまだ考えてない相手に言われたら、それは脅しのような気がします」

そこまで考えちゃうんですね。これは不用意に使ってはいけない言葉のようです。

 

エッチの前は気分が高揚して、普段なら言わないようなセリフも言ってしまいがちです。ですが、意外と男性は冷静にその言葉を判断しているようです。

そのときはスルーしてもらえても、「あんなこと言う女は重すぎる」と思われては、破局の原因にもなりかねません。あまりにも気を許しすぎて本音を言い過ぎるのは、要注意ですよ!