美味しくてもダメ!彼にお弁当を作ってあげる前に確認すべきこと

お付き合いが決まったら、相手にお弁当を作ってあげたいと思う女性も多いことでしょう。ですが、たとえ簡単なものでも、いきなりかわいいお弁当を作って行って「はい、どうぞ」と渡してはダメ。男性にもそれぞれ事情があるので、お弁当を渡されたくないという人もいるんです。お弁当を快く思ってくれるか確認すべき項目を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:お昼休憩の長さ

まずは、お昼休憩の長さです。会社員の場合は、たいていがお昼を1時間取れるでしょうが、外回りが多い営業職や、お昼が忙しい仕事の場合はお昼休憩をゆっくり1時間取れていないという男性もいるようです。

「お昼はパンを買って、軽く済ませてる」

「基本的に昼間は外回りで、どこにいるかわからないから、お弁当を渡されても持ち歩くのは大変かも」

「おにぎりとかサンドイッチじゃないとムリ!」

などの意見が聞かれました。彼がしっかりと決まった時間に会社でお昼を食べられる環境にあるのかどうかを聞いてからでないと、相手の負担になってしまうこともありそうですね。

 

2:いつも誰とどこで食べているのか

女性の場合も同じですが、お昼休憩は決まった人とランチを食べに行く習慣があるという男性も、中にはいるようです。

「お弁当作ってもらったって言うと、いつもの相手に冷やかされそうだから止めて欲しいな」

「昼休憩は、大事な情報交換の時間でもあるから、同僚と一緒に食べたい」

「ピクニックやデートでならかわいいキャラ弁とかでもいいけど、普段はみんなとランチしたいからいらない」

という話も聞きました。

こういう事情を知りもしないで、勝手にお弁当を作って渡してしまうと、男性は喜ぶどころか引いてしまうかもしれません。

 

3:好みの味付け

会社でお弁当を食べるのは問題がないという男性でも、自分の好みの味ではないものを渡されると、それを食べなければいけないという責任感で気が重くなってしまうでしょう。

「前の彼女がお弁当を作ってくれてたんだけど、卵焼きが甘いのだけは許せなかった。でも、不味いとは言えないし、捨てるのは悪くて、結構苦しかった」

「野菜不足だからと心配してくれて、中身が野菜いっぱいなお弁当をもらったことあるけど、そもそも野菜が苦手だから食べないので、手作りだろうが捨てた」

お弁当は家庭の味が出やすいものが多いですよね。毎回定番になりやすい卵焼きの味付けには、特に注意が必要です。良かれと思って作っていた甘い卵焼きが毎日彼を苦しめるという結果を招くかもしれませんよ。

 

こんな弁当は嫌われる!

以前『Menjoy!』では「せっかく作ったのに…!男の愛情が“急速に萎える”危険なお弁当3つ」という記事で、オシャレなサラダ弁当など男性にはオシャレさが伝わらず、満足できないお弁当もあることをお伝えしました。

他にも、彼が同僚に見られて恥ずかしくなるようなハートマーク入りのモノや、キャラ弁などは避けたほうが身のためでしょう。

 

お弁当の前に彼の家で手料理が無難!

彼にお弁当を作ってあげたいと思った場合には、その前に一度彼の家で彼に手料理を振舞うことから始めてみたほうがいいかもしれません。

彼が近くにいる場合なら、彼の好みの味付けも知りやすいので、リサーチも兼ねられます。そして、彼が料理を美味しいと言って喜んでくれたら、「本当? 嬉しいな。良かったら、お弁当とか作るよ」などの流れで提案してみるといいでしょう。

 

彼女からの毎日のお弁当を喜ばない男性はいないはず! というのは、女性の勝手な妄想の場合があります。彼の事情をしっかりと踏まえた上で、重たい女になり過ぎない程度に、彼に尽くしてあげることが大切です。