女子は見逃しがちッ!「夢中な女にしかしない」男のキュン行動3つ

女性は言葉による意思疎通が得意で、たくさん会話をすることで絆を結ぶ傾向が強いですが、男はその逆です。どちらかというと、自分の気持ちを行動で表現する男は、言葉よりも行動を見た方が彼の気持ちが分かります。そこで海外情報サイト『all women stalk』の記事を参照に、“夢中な女にしかしない男の行動3つ”を紹介することにします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:女同士ですることも一緒にやってくれる

超キュートなカフェでお茶、延々と店を見て回って何も買わずに終わるショッピングなど……。女同士だったら楽しめることでも、男性にとっては拷問のようなことって結構あります。

それでも、彼が本気だったらあなたと過ごせるだけでハッピーなので、普通なら男が嫌がりそうなことでも喜々として一緒にやってくれます。

とはいえ、毎回気が遠くなりそうなショッピングに付き合わせたり、明らかに彼の趣味ではない場所ばかりに連れて行ったりは可哀想なので、デートはお互いが出かけたい所やしたいことを交互にするようにしましょう。

そうすれば、仕舞いには彼がウンザリ……なんていう事態を避けられるでしょう。

 

2:あなたが辛い時に励ましてくれる

男は女性に泣かれるのが超苦手だし、落ち込んでいる人を励ますのも得意ではありません。

とにかく男は“言葉”に関することが不得意なので、辛い想いをしている人を前にすると、何と声を掛ければ良いのか分からないのです。

それでも彼は、大好きなあなたがションボリしていたら、何も言わずに抱き締めたり手を握り締めたりして、精一杯元気づけようとしてくれるハズ。

普通だったら逃げ出したくなるような状況でも、男は本命の女だったら傍を離れようとはしないのです。

 

3:どんなに忙しくてもLINEの返事をくれる

マルチタスキングが得意な女は、どんなに忙しくてもLINEをチェックして、ちょっとしたトイレ休憩にササっと返信するなど朝飯前です。

ところが男は、仕事などで多忙を極めている時などはナカナカこれが出来ません。

女にしてみたら、「トイレに行く時間があるなら、そのついでにちょっと返信出来ないの?」なんて思ってしまうところですよね。

それでも彼があなたに夢中だったら、LINEに気が付いたらとりあえず読んで、時間が出来た時に返信してくれるはずです。

既読になったのに返信がなかったら、「既読スルーかよ!?」と怒り&不安な精神状態に陥ってしまう人もいるようですが、慌てずに彼から返事が来るかどうか辛抱強く様子を見てください。

現在筆者は、かなり特殊な仕事をしているアメリカ人男性とデートをしているのですが、彼は筆者のLINEが来ていることに気づいたら読んでくれるものの、仕事の都合で返事をするのが6時間後だったり半日後になることもあります。

そのことについて筆者が不安にならないように、「読んでもすぐに返事が出来ないこともあるけど、必ず返信をするから僕のことを見限らないでね」と言われ、そんな多忙な中でもきちんと連絡をくれる彼に好意を抱いています。

彼の仕事の都合やライフスタイルによっては、すぐにLINEの返事が来ないこともあるかもしれませんが、彼からの返信が来る前に催促メールを送ったり、ダブル&トリプルテキストで追い打ちをかけないように気を付けましょうね。

 

いかがでしたか!?

英語では、「Action speaks louder than words:行動は言葉よりも雄弁だ」という言葉が良く使われるのですが、これぐらい男の恋心を推し量る最良の方法はありません。

彼が‟言うこと”ではなく、行動から気持ちを判断するようにしましょうね!

 

 

【参考】

 

17 Things Men Will do Only if They’re Crazy about You ‐ all women stalk