先輩社員にご注意!「新入社員女子を食い散らかすゲス男」の特徴とは

新年度が始まり、新卒や転職で新しい会社に入社したという人も多いのではないでしょうか。新しい環境は不安でいっぱいですよね。しかし、そんな不安を利用して、新入社員女子を“食い散らかす”ゲスな男も世の中には存在しています。ゲス男に引っかかって新生活を台無しにしないためにも、今回はその“危険な先輩”の特徴について見ていきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:やたらと“若手飲み会”を開く

「僕の知っている、新入社員に手を出しまくりな先輩社員は、やたらと“若手飲み”を開催するんですよ」(Aくん/26歳/会社員)

Aくんの知っている限り、これまでに5人の新入社員女子に手を出したというそのゲスな先輩。その先輩社員は“若手飲み”と称して、頻繁に飲み会を開くのだとか。

飲み会の展開が思いのままに

「“若手飲み”だと、新入社員も参加しやすいですし、先輩にとっては自分が一番年上だから、場をコントロールしやすい面もあるんでしょうね。自分が“飲めよ~”とお酒を強要しても、それを止める上司がいませんから、お持ち帰りもしやすいんだと思います」(Aくん)

不安でいっぱいの新入社員にとって、歳が近い先輩社員たちとの交流は非常に魅力的です。「悩みを聞いてもらえるし、一緒に飲んでいて楽しい!」という理由から、新入社員女子の参加率が高くなります。

さらにゲス先輩にとっては、自分よりも下の代を集めることで、自分がその場の“トップ”に立つことができ、新入社員に無茶な飲み方を要求することも可能です。

飲み会の展開が思いのままになるのであれば、そのまま“お持ち帰り”もしやすいですから、ゲス先輩にとって“若手飲み”とは、格好の女漁りの場になるのでしょう。 

2:土日にイベントを開く

「うちの会社にいる、そういう社員は、会社が休みの土日にイベントを主催してますね。バーベキューに行ったり、屋形船に乗ったり……」(Bくん/25歳/会社員)

同期入社の女の子も、その先輩に“食べられてしまった”というBくん。やっぱり、食べられた女の子も、休日のイベントでやられてしまったのだとか。

休日のほうが新入社員女子は酔っぱらう

「僕が思うに、やっぱり仕事終わりの飲み会よりも、休日のほうが女の子は開放的になりますし、休みなので酔っ払いやすいんだと思います」(Bくん)

Bくんの言う通り、「明日も仕事だぁ」と考えてしまう平日の夜や、疲れ切った金曜日の夜などより、丸一日遊べる休日のほうが、開放的になるという女性が多くなるのはわかります。

特に、まだ慣れない仕事で緊張が続く新入社員にとっては、その開放感もひとしおでしょう。

新入社員女子を食いまくるゲスな男は、その開放感に付け入ります。イベントを通じて、交流を深めつつ、つい飲み過ぎてしまった女子を“食べちゃう”のです。

新入社員の皆さん。休日でも緊張感を持ってくださいね。先輩社員が全員“いい人”とは限りません。

 

3:「いつか辞める」と言っている

「新入社員に手を出しまくっている先輩は、“こんな会社いつか辞める”が口癖ですね」(Cくん/27歳/会社員)

毎年のように新入社員に手を出し、社内でも嫌われ気味だというCくんの先輩社員。その先輩は、飲み会の度に「こんな会社、いつか辞めるんだ」と豪語しているのだそう。

新入社員に手を出すのはリスキー

「僕なんか、怖くて新入社員になんか手は出せません。その先輩は会社に“未練”がないからできるんですよ、そういうことを」(Cくん)

“この会社に骨を埋めよう”と思っている男性社員は、リスキーな社内恋愛、特に新入社員との恋愛に対しては慎重です。社内恋愛と出世は関係ない……とは言い切れないからでしょう。

下手に新入社員女子に手を出して、社内での評価が下がってしまうと最悪です。

しかし、「こんな会社はいつか辞めてやらぁ!」と思っている男性は、そのリスクをリスクと思っていないので、新入社員にも臆することなく手を出します。「もし問題になったら、辞めればいい」と考えるんですね。

つまり、会社に愛着のない男性は、新入社員女子に対して、臆することなく手を出せるのです。

「辞める辞める」と言いながら、あなたに近づいてくる先輩社員には注意しましょう。

 

いかがでしたか?

これらのポイントに注意すれば、あなたを狙っているゲス男から身を守りやすくなります。「先輩社員だから……」と遠慮せず、嫌なことは嫌だと言いましょう。強引に手を出してくるようならば、それ、セクハラですよ!

 

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!