聞いてないけど…男が腰を抜かすほど驚いた「彼女の正体」パート2

人間は誰もが秘密を持っているもの。親しい関係であっても、なかなか切り出せない秘密ってありますよね。しかし、その秘密だっていつかはバレるものです。そこで今回は、第一弾に引き続き、交際相手の女性から衝撃の事実を告白されて「えっ、マジ!?」と腰を抜かすほど驚いた経験のある男性3人に、その衝撃ストーリーを語ってもらいました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:歯科医院で勤務とは聞いてたけど……

「歯科医で働いてる女の子と、合コンで知り合って、付き合い始めたんですけど。ある日、貯金の話になったんですよ」(Aくん/32歳/自営業)

小動物系の顔をした可愛らしい女の子と、付き合いはじめたAくん。お互いに30歳を超えていたので、結婚資金があるかどうかを探られているのではないかと、最初は思ったのだとか。

事務職じゃなくて歯科医だった

「正直に500万円くらいだって答えたら“よかった。私、開業しようと思ってるから、堅実な人だと安心する~”って言われて、“えっ?”と思いました」(Aくん)

彼女が歯科医院で働いているとは聞いていたけれど、勝手に事務職だと思っていたAくん。実は彼女は歯科医なのだということを交際後に聞いて驚いたのだそう。

「合コンでは30歳過ぎだし、“頭がいい女は嫌われる”ってことで、話をはぐらかしていたそうです。でも、だって、普通に話していると、すごいバカっぽいんですよ。それなのに自分より偏差値20くらい高いんですよ……」(Aくん)

正体を告白されてからしばらくは落ち込んだというAくん。今年の秋に無事、その彼女と結婚する予定だそうです。

 

2:「大食いだなぁ」と思ったら……

「大学時代の元カノですけど、男と一緒にラーメン大盛りを食べる女の子だったんです。小柄なのにペロッと平らげちゃって。可愛い顔してるのに、よく食べるなぁって思っていました」(Bくん/26歳/会社員)

Bくんは、彼女の大食いに驚きつつも、サバサバとした性格とはつらつとした笑顔に惹かれ、交際を始めたのだそう。

柔道のインターハイ出場経験あり!

「付き合い始めて、しばらくした頃、僕の部屋でイチャイチャしてたんです。そしたら、彼女が急にプロレス技をかけてきて……しかも、全然逃げられないんですよ、これがまた」(Bくん)

息も絶え絶えに“降伏”を宣言した後、「どこでそんな技覚えたの?」と訊ねたところ、高校時代は柔道部のエースでインターハイ出場経験があると告白されたのだとか。

「表彰状の写真を見せてもらうまで信じられませんでした。体重が軽い階級の選手だったそうで、普通の女の子と同じ体型でしたよ」(Bくん)

衝撃の事実を伝えられた後、彼女から簡単にねじ伏せられるのを嫌ったBくんはジムに通うようになったと言います。彼女と別れた後も、次なる“強い女性”の出現に備えて、ジム通いは続けているのだとか。

 

3:大和撫子だなぁと思ったら……

「ハーフだってのは知ってたんです。でも、日本的な美人顔で、大和撫子って感じでしたね」(Cくん/28歳/会社員)

大学生の頃、同じサークルの女の子と付き合いはじめたというCくん。ハーフの美人と付き合い、浮かれた日々を送っていたのだとか。

5か国語ペラペラのマルチリンガル!

「ある日、何気なく“ハーフなら何か国語喋れるの?”って聞いたら、“5か国語ぐらい”って答えられて、驚きながら“トリリンガルなの?”と言ったら、“4か国語以上はマルチリンガルって言うんだよ”と笑われました」(Cくん)

日本とフィリピン出身の両親を持つ彼女は、帰国子女で尚且つ、お父さんがフランス系フィリピン人ということもあり、日本語、英語、フィリピン語、タガログ語、フランス語の5か国語が喋れるのだとか。

「いや、流石に5か国語は驚きましたね。言葉も出ませんでした」(Cくん)

英語どころか日本語もおぼつかないと言うCくん。ちょっと劣等感を感じてしまい、落ち込んだ時期もあるそうです。

そんな経験もあり、今は海外から製品を輸入する商社に勤めているCくん。彼女とは別れてしまったものの、その交際が自分の人生の転機になったのだとか。

 

いかがでしたか?

あなたが「別に普通じゃない?」と思っていることであっても、男性にとっては衝撃の事実だった……ということは十分にあり得ます。

彼にまだ話していない秘密の正体を持っているのであれば、まだ二人の関係が浅いときに告白しましょう。そのほうが男性としても衝撃が少なくて助かります。

 

 

【参考】

言ってなかったけど…男が腰を抜かすほど驚いた「彼女の正体」3つ – Menjoy!