レス県民&非レス県民TOP3!女子の生々しい「1ヶ月の回数」は…

我が国、日本はセックスレス大国と言われます。よそと比べて自分たちがどうなのかというのは、意外と気になるトピックなのでは。相模ゴム工業が2013年に行った調査も参考に、レス気味な県民と非レスな県民TOP3と女子の赤裸々な声をご紹介します。「もしかして、ウチもレスカップル!?」とお悩みのあなた、必見ですよ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本全国で“1ヶ月の回数”が多い県民TOP3

同調査は、20~60代男女14,100名(1都道府県300名、性年代均等割付)を対象に実施されたもの。

そこで、県民別に“1ヶ月の回数”を調査してみると、多い県民TOP3は以下のようになっています。

1位:佐賀県・・・2.79回

2位:秋田県・・・2.62回

3位:沖縄県・・・2.57回

なんと、佐賀県民が47都道府県中では、もっとも“レスではない”カップルが多い様子。

都市部よりも地方のほうが、1ヶ月あたりの回数が多い雰囲気もありますよね。

では、もっとも少ない県民はどこの人たちなのでしょうか。 

レス大国日本の中でも特にレスっぽい県民TOP3

同様に、回数が少ない都道府県について見てみると、TOP3は以下になっています。

同率1位:静岡県・・・1.52回

同率1位:大阪府・・・1.52回

2位:滋賀県・・・1.63回

なんと、「大阪府」が全国でもっとも1ヶ月あたりの回数が少ないという結果に。

都市部ゆえに、遊びの誘惑も多い上に仕事にとられる時間も多すぎてしまうのでしょうか? 「忙しくて、それどころじゃないッ!」という県民のぼやきも聞こえてきそうです。

 

日本人の平均回数は月に「2.1回」

ちなみに、日本人の平均回数は「月に2.1回」だそうなので、これよりも少ないと、レス大国と言われるニッポンにおいても“少ないほう”であることがわかります。

さらに、「(自分たちは)世間一般に言うセックスレスだと思いますか?」という質問に対しては、「セックスレスだと思う」と回答したのが、既婚者で55.2%、交際中でも29.0%に達していました。

交際中からレスに陥ってしまえば、ゴールイン後はさらなるレスに悩まされそうな懸念もありますね……。

 

質問! パートナーと“月に2.1回”以上していますか?

交際中の段階からレスになりつつあれば、結婚後の生活に不安がよぎる女子もいるはず。少子化問題もあるだけに、レスは深刻な社会的テーマでもあります。

そこで、同調査から4年を経た2017年現在の今、パートナーと月に何回ぐらいしている女子が多いのか、赤裸々な声をうかがいました。

36歳・千葉県在住・交際4年目の女子は……

「今は、月1回あればいいほうです。付き合ったばかりの頃は、会うたびでしたけれど……。

1度、彼の浮気も発覚してて、その直後は私が“気持ち悪い”と思ってしまって拒絶していたこともあるので、なんだかそのまましない雰囲気が続き、今では全然していません」

29歳・東京都在住・交際3ヶ月目の女子は……

「彼とは毎週会っていて、そのときにそうなるので、月4回ぐらいだと思います。でも、これから少しずつ減るのかなって気はします」

38歳・埼玉県在住・交際10年目(不倫)の女子は……

「ウチは、会うたび毎回です。交際して10年になりますが、当初とペースは変わりません。月で言うと、2回ぐらいですね」

 

今回の取材対象者はレスTOP3にも非レスTOP3にも入っていなかったエリアの在住者。

交際初期は平均より回数は増えるけれど、そうでなければ、やはり回数はどんどん少なくなっていくのも一般的な展開と言えそうですね。

また、不倫カップルは10年目でも平均的なペースを維持しているとのこと。その分夫や妻とはセックスレスになっているのであれば、“隠れ非レス”も多そうな事情が伺えました。

諸外国と比べればニッポンの回数は少ないのが一般的な実態であるものの、自分たちがニッポンの“平均”よりも少ないようであれば、なにか対策を講じるべきタイミングなのかも……。

ぜひ、参考になさってみてください。

  

【参考】

ニッポンのセックス(都道府県ランキング) – 相模ゴム工業

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!