「いいね!」連鎖で…バレバレ!SNSが招いたカップルの悲劇3つ

今やコミュニケーションツールとして多くの人に利用されるSNS。普段わざわざ会わなくてもなんだか繋がっているような気分になるような便利なものですよね。でも便利すぎる故、意外と気付かない落とし穴も……。浮気発見や嘘発見など、SNSが招いたカップル達の悲劇を、筆者の経験談と一緒にご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:過去投稿からの大ゲンカ

まずは筆者自身の経験談を。

大学のころからSNSをかれこれ10年近く活用していた筆者は、あったことを全てポエムちっくに書いていました。若き日々の頃だったので、結構何でもアップしていたり当時の色恋事情も投稿していくような、乙女な一面もあったのです。

そして何事もなく年月が経ち、今の彼と出会い仲良く付き合っていたはずが、ある日彼が急に大激怒! 恐る恐る理由を尋ねてみると「どうしてまだ過去の男の投稿があるんだ! しかも教えてもらったことと、なんか違うだろ!」とのこと。

 

恋人が遡れば知れてしまう過去

自分の過去投稿を遡って一つ一つ見返しているわけでもないので、もちろんどのようなことを載せたかは覚えていませんし正直興味もありません!

「女は上書き保存、男はフォルダ保存」と言われるように、筆者自身は本当にどうでもよかったのですが、冷静に考えてみればお付き合いしている相手に対して失礼だったのかもしれないと深く反省はしております。

そこまで筆者のことが気になってくれた彼の行為も嬉しかったのですが!

過去に投稿したものは自分は見なくても、他人が見る可能性も十分あるので要注意ですね。

 

2:まさかの「いいね!」で浮気発見

とまぁ、筆者の経験談はこれくらいにしておきましょう。

次は友人M(男)と彼女の間に起きた悲劇です。

SNSの「いいね!」ってみなさんよく使いますよね。いちいちコミュニケーションをとらなくても「いいね!」をしておけばいいやみたいな、結構軽い感覚でやっている方も多いかと思います。

でも友人MのSNSには、なぜかある女性からの「いいね!」の数が半端なかったのです。というのは、投稿する写真一枚一枚に対して全てに「いいね!」をするほど……。

筆者でも「なんだこの女?」と思ってしまうほどなので、もちろんMの彼女も怪しく思いますよね。

略奪テクとして使えるかも?

怪しいと思った結果、その女性のSNSに飛んでいき、よ~く過去の写真や投稿を見てみると、どこかで見たことあるような景色や光景が写ってるではありませんか。モヤモヤした彼女がMに問い詰めた結果、どうやら以前遊び心でしてしまった浮気相手だったと白状したそうです。

Mもその女性の「いいね!」の回数にオドオドしながら過ごしていたようですが、結局はバレてしまったそうです。

でもまぁ、気になる彼が彼女持ちだったら、略奪が成功するかどうかはわかりませんが、別れさせるキッカケを作るにはいいテクかもしれませんね。

 

3:タグ付けされただけで別れちゃった

みなさん、タグ付けってぶっちゃけどう思いますか?

充実したライフや誰かといることをアピールするために何かとタグ付けをしたがる人たちがいますが、筆者のように、タグ付けされたら自分の行動が把握される……と嫌がる人もいると思います。

女友達のKは社交的でネットワークも広いだけではなく、男女共に好かれる人気者。出かけることも何かと多く、男友達も多いのですが、もちろん彼氏はいい気はしません。

そのため、彼を心配させたくないという気持ちで、Kは友達と遊びに行っても彼には内緒にしていたのです。

「いいね!」の連鎖でバレバレ

なるべく写真にもうつらず、共通の友達にも「タグ付けなしね」と伝えたのですが、「彼の知らない人たちとは別にいいだろう…」といつも通り出かけたり写真にもうつってタグ付けされていました。

でも実は「いいね!」の連鎖で、共通の友達ではなくても投稿って見られるんですよね。

Kの写真を、偶然彼の友達がまたその友達の投稿にコメントをして「いいね!」をした時に見てしまったのです。彼は怒るどころか、彼女を信用できなくなり、そのままKの元を去っていったのでした……。

 

普段使っているSNSがまさかのこんな悲劇に導くとは、思いもよらないですよね。

それでも人と繋がっているだけで満たされる感がある、なんとも不思議なツールSNS。使い方だけには十分気をつけていけば彼とも十分に楽しめると思います!