エッチできそう?「本命じゃない女子」をデートに誘う男の本音TOP3

気になっている男子からデートに誘われたら、舞い上がりますよね? でも、“デートに誘われる=本命”だと思ったら、大間違い! 過去に『Menjoy!』が男子500名に行った調査では、「好きでもない相手をデートに誘ったことがある」と言う人が23.2%も存在するのです。そこで今回は、彼らが好きでもない女子をデートに誘う理由に迫っていきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
Elegant young lady alone in a cafe.

3位:自分に好意を寄せていそうだったから

「好きでもない女性をデートに誘ったことがある」という男子116名に、「好きでもない女性をデートに誘った理由として当てはまるものをすべて選んでください(複数回答可)」と聞いてみると、3位には16.4%が選んだ「自分に好意を寄せていそうだったから」が選ばれる結果に。

自分の気持ちではなく、相手の気持ちを慮(おもんばか)って、「メシ行かない?」と誘う男子がいるということですね。

自分への好意を感じている故に「誘ってあげないと悪いよな」とでも感じてしまうのでしょうか。或いは、今は好きではないけれども、デートして相手を知ることで好きになるかもしれない!という前向きな気持ちがあるかもしれません。

どちらにしろ、好意を寄せている女子的には微妙な理由ではあります。

 

2位:押せばヤレると思ったから

続いて、同質問に対して24.1%が選び2位に選ばれた理由は「押せばヤレると思ったから」です。

「軽そうだから誘ってみよう」「あいつなら、押せばヤれる」と、体目的でデートに誘っている男子もいるようです。

しかもこれ、好きでもない女子をデートに誘う男子の約4人に1人の割合ですから、タチが悪いですよね。

恋愛感情と性欲は必ずしも結び付いていない現実もありますが、ともあれ「押せばヤレそう」と思われているのは、女子的にはなんとも不名誉なイメージであります。

 

1位:暇だったから

そして、同質問に対して31.0%が選び堂々の1位になっている理由が「暇だったから」でした。

「今日ヒマなんだよなぁ。ひとりで過ごしてもつまんねーし、誰か呼び出そうかな。あっ、あの子呼べば来そうだな」などと、“ヒマつぶし”の対象としてデートに誘う男子も珍しくないようです。

意中の相手からデートに声をかけられれば、ソワソワが止まらない女子もいますが、自分はヒマつぶしの対象だと知れば、ガッカリが止まらなくなるのではないでしょうか……。

 

好きでもない女子をデートに誘う男子の見分けかた

このように、好きでもない女子をデートに誘い、本命として口説くのではなく、エッチや暇つぶしなど“別の目的”を達成しようとしている男子もいるので要注意です。

そこで、筆者が知る“たくさんの女子とデートしているダイスケ君(仮名)”に協力を仰ぎ、好きでもない女子をデートに誘う男子にありがちな共通点を2つご紹介します。

特定の彼女をつくろうとしない
男子ともよくつるんでいる

ダイスケ君によれば、多くの女子とデートをしている男子たちは、基本的に特定の彼女をつくろうとせず、“デート”という行為を楽しみたい欲が強いのだそう。

さらに、根が“寂しがりや”な男子が多く、誰かと一緒に過ごすことを通じて寂しさを埋めようとするのだとか。

そのため、好きでもない女子をデートに誘うだけでなく、同性ともつるんでいるタイプが少なくないとのことでした。

この手のタイプからデートに誘われたら、「好きでもないのに誘ってたり……!?」と、まずは疑ってかかったほうが安心かもしれません。

 

以上、好きでもない女子をデートに誘う男子のホンネをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

「デートには誘ってくるくせに、付き合おうって言ってこない!」という男子に心当たりがあるなら、こんなホンネが隠されているのかも……。