よし告るぞ…ってえっ!?「交際直前の女性」の不可解な行動4つ

あとはどちらかから告白すればもう付き合える! 何回かデートを重ねて、お互いにこんな空気を感じるタイミングありますよね。ですが、「もう一息で……!」というこの状況で油断してしまうと、男性は「あれ?俺ってこの子と付き合っていいんだよね?」と不安になるようです。どんな行動が男性を不安にさせるのでしょうか? 著者周辺の男性に聞いてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:「○○買ってきて!」

「こういう時期に“○○買ってきて”とか、“○○に連れて行って”というお願い事ばかりされると、なんだか利用されてるのかな?って不安になります」(Aさん/30歳)

--心を許してくれている証拠では?

「いや、逆に心を許したからこういうこと言ってくるなら、付き合ってからが大変そうじゃないですか。“もっとワガママになるんじゃないか”って不安の方が大きいですよ」

たしかに。まだ付き合ってもいない間にワガママばかり言われたら、その先が不安になっても仕方ないかもしれませんね。

 

2:デートにスッピンで!?

「3回目のデートまででもうお互いに“付き合うよね?”って雰囲気まで行ってたんですけど、4回目にデートしたときに彼女がスッピンだったんですよ! あり得ないでしょ?」(Oさん/26歳)

--やっぱりスッピンはあり得ないですか?

「ないですね、安心しすぎというか。このままだと、ずっと俺の前では飾らなくていいって思うってことだから。やっぱり付き合っても少しは緊張感のある関係じゃないと」

女性側としては、相手にすべてを見せても受け入れてもらえると思ったのかもしれませんが、大失敗でしたね。

 

3:電話が突然NGに

「なんか、もうそろそろ告白しようかなって思った時期くらいから、それまではOKしてくれてた電話を断られるようになって……」(Tさん/25歳)

--連絡がマメじゃなくなったってことですか?

「いいえ。LINEはすぐに返してくれるんです。でも、電話で声を聞きたいって言うと、なんだかんだ理由をつけて断られるって言う……。“そこまでの時間は割けない”って思われたのかなって思ってしまいました」

LINEは他のことをしながらでも返せますが、電話となると自分のしたいことは後回しになりますもんね。ですが相手が声を聞きたがっているときには、短くてもOKしないと不安にさせちゃいますよ。

 

4:「悩んでるんだけど……」「ふ~ん」

「ずっと友達としていい相談相手だと思ってた女性を異性として見始めて、相手にもそれが伝わってお互いに付き合ってるのと変わらない感じの関係になったんですけど、その頃から悩みを相談しても“ふ~ん”とか“大変だね”とか心ここにあらずな感じの返事しかしてもらえなくなっちゃって。気持ちが変わったのかなって」(Fさん/29歳)

--相手の忙しさが変わったとかでは?

「そうでもないみたいだったんですよ。こっちからも“最近忙しいの?”って聞いてみたんですけど、“特に変わらないよ”って返事だし。結局なんで相談事に親身になってくれなくなったのかわからなくて、告白するのもやめちゃいました」

あらあら。結局恋に発展する可能性をつぶしちゃったんですね。残念なことをした気がしますが、相手が乗り気になった瞬間にさめる女性もいますから……真相は藪の中ですね。

 

こんな風に、手に入るとわかった瞬間に気を抜いたせいで、男性が不安になってしまうということはよくあるようです。告白には勇気もいりますし、いざ付き合うとなったら別れるのもエネルギーがいりますよね。

「付き合ったら後悔するんじゃないか……」なんて未来を予想させないように、付き合い始めるまでは気を抜かないようにしましょうね。