ロングよりショート!男が花見で喜ぶ「桜ジェニックな女」の特徴3つ

桜の美しい季節。この季節は桜の力を借りて、公共の場で彼女や好きな女性を見せびらかそうと企む男たちがわんさか現れます。春ですし、女性側としても是非この機会を存分に楽しみ、彼との関係をより深めていきたいところ。そこで今回は、このシーズンに大活躍する”桜ジェニックな女”として花見に誘われやすい女性の特徴を3つご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:大好き攻撃してくれる女

大概、花見は大勢でするもの。また、その隣には別のグループがひしめき合い、はっきり言って”いい女”の見定め甲斐のような様相を呈しています。

そんな時、一番いてくれてうれしいのが、“自分の事が大好きな女性”。

どんな男性も、自分を愛してくれる女がいるという事を広く一般に知らしめたいと思うもの。花見はその絶好の場所なのです。

公衆の面前でとことん尽くす!

誰だって自分をいい気分にしてくれる人が大好き。彼だって同じです。

たくさんの男女が入り乱れる中、誰が見ても明らかに自分の事が大好きな女性がいると彼のテンションは最高に上がります。

この手で彼を手中に収めた女性、筆者の周囲だけでも6人は存在します。

バーベキューや花見では、盛大に彼をヒイキして損はありません。

 

2:髪がきれいな女

外で飲むという、特殊な環境下。風になびく髪の毛が意外と目につくものです。

春の強めな風にさらされても、さらされで美しい髪は見栄えが良いもの。

髪のきれいさは、屋外でこそモノをいうのです。

短く美しい髪の女性が天使に見える

美しい髪というと、ついサラサラロングを想像してしまいがちですが、風に吹かれた時に美しいのは短い髪のほう。長いとメデューサのようになってしまいかねません。

短かめに整えられたきれいな髪が春日にさらされた姿は、まさに桜ジェニックと言えるでしょう。

※桜ジェニック
※メデューサ

 

3:気が利きまくる女

男は気の利く女に弱い動物。花見の席では特にイレギュラーな出来事が起こりやすい手前、どの女がいかに気が利くかに注目が集まります。

そんな時、自分が連れてきた女性が最も気の利く女だったら。その印象は多くの参加者の記憶に残り、同時に彼の自尊心を存分に満たしてくれる事でしょう。

とはいえ、自分も楽しむのが鉄則

筆者の住む香港では、バーベキューなどを行う際、男性が焼きまくるのが当たり前。そんな中、バーベキュー会場の中に日本人グループがいるとすぐにわかります。

なぜなら、常に女性だけが働いているから。これでは女性が一切楽しめませんよね。

“気が利く”の最高レベルは、他の人を気遣いながらも、自分も楽しめること。ひたすら頑張っていても、楽しんでいなければ意味がありません。彼だってきっとそれに気づくことでしょう。

 

いかがでしたか? 桜を存分に満喫しつつ、桜ジェニックな女になってこの季節を存分に楽しんでくださいね。