こりゃー男がホイホイ!「冷血系女子」が見せた天使な振る舞い

男も女もギャップに弱いことは『Menjoy!』読者のみなさんなら、十分知っているはずです。ギャップを見せるために、日々ツンデレ具合を研究しているという人もいるかもしれません。ですが、中には普段の対応があまりにも冷たいためにちょっとしたことで天使扱いされちゃう女性もいるんです。男性が惚れた冷血女子の天使な振る舞いを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:寡黙な彼女が熱弁!

「普段、会話をしようにも、“そうなんですか”くらいしか話してくれない可愛い子がいたんです。“俺って嫌われてるのかな?”って思って諦めかけてたんですけど、ある日ふと映画の話をしてみたらすっごい食いついてきて」(Oさん/28歳)

--映画好きだったんですか?

「そうだったみたいです。後からわかったことなんですけど、すごく人見知りが激しいらしくて、人と話すの緊張しすぎて会話できなかったって。でも、映画の話をしてるときはすごく目がキラキラしていて必死で話そうとしてくれて可愛いんですよ!」

目がキラキラがポイント

男性は自分に向かって目を輝かせながら話しかけてくる女性に弱いそうです。相手のことをそれほど意識していなくても、こんな話しかけられ方をすると、一気に気になる存在になってしまうのだとか。

好きな人の前では勝手に目がキラキラするものですが、それを隠す必要は全然ないんですね。

 

2:いつも塩なのに「目をうるうる」

「仕事がすごくできる先輩の女性がいて、憧れだったんですけど、いつも書類を渡して“ありがとう”くらいしか話せなくて、そのまま話を続けようとしても“ちょっと今忙しいから”って断られていました」(Iさん/25歳)

--それって嫌われているんじゃ?

「僕もそうかと思っていたんですけど、あるとき残業している彼女を見かけて、“お疲れ様です、仕事大変ですね。大丈夫ですか?”って聞いて、コーヒーを渡したんです。そうしたら、ちょっと涙目になりながら“ありがとう。全然仕事が終わらなくて……”って弱気な発言をしてきて、ドキッてしました。あんな姿初めてでした」

女の涙はやっぱり武器?

男性にとって、泣いている女は「俺が守らなければ!」という庇護欲求を掻き立てられる存在です。特に普段すごく気丈に振舞っている女性の涙なら、効果はバツグンでしょう。

いつも頑張っている女性の弱い姿にグッとくる男性は多いので、試してみるといいかもしれませんよ。

 

3:恥ずかしそうにお礼プレゼント

「無口で何を考えているかわからないけど美人な子がいて、気になっていたんです。だから帰省したときにお土産を買って渡したんですけど、すごく意外そうな顔で受け取られて」(Nさん/26歳)

--意外そうな顔が天使?

「いや、そうじゃなくて。数日後の休憩時間に席のところまで来てくれたから何かなって思ったら、“これ、お礼です”って恥ずかしそうにお礼のお菓子をくれたんですよね。女性が恥らう姿って、可愛いですよね!」

男は恥じらいが大好物

男性って長く付き合っていても、女性には恥じらいを忘れないで欲しいと思う生き物です。今回の場合は美人な女性が相手だったせいで、その恥じらいの姿がさらに強調されちゃったんでしょうね。

恥ずかしくなくても、ちょっと照れたフリで相手をだます事もモテるテクニックの一つですよ。

 

いかがでしょうか? 普段は全然話が続かない相手って、ちょっと気になっちゃいますよね。もちろん怒っているのと勘違いされる可能性もあるのですが、そんな彼女たちだからこそちょっとした行動が天使な振る舞いに見えてしまったのでしょう。

もしあなたが人見知りなら、そのことを利用して、気になる彼をドキッとさせることもできるかもしれませんよ。