SNSは用法容量を守ってね!「嫉妬深い彼氏のトリセツ」3つ

あなたは嫉妬深いほうですか? どちらかといえば男性よりも女性の方が、恋人を束縛したがる傾向が強いという意見が一般的ですが、なかには手に負えないほど嫉妬深い男もいます。彼にがんじ絡めにされて辟易しているいう女性のために、海外情報サイト『Lovepanky』の記事を参照に、“嫉妬深い彼氏の取り扱い方3つ”をお届けします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:SNSではむやみにつながらない!

筆者は男性と知り合ったとき、相手がどういう人なのかある程度分かるまでは、SNSでつながらないようにしています。

なぜかというと、相手が嫉妬深くて束縛が強いタイプだった場合、ネットストーキングされたり「この間友達になった●●っていう男は誰だ!?」なんて詮索されたりして面倒だから。

しかし、SNS経由で知り合ったとか、すでにSNSで友達関係だったとか、交際をはじめる前からSNSでつながっていたという場合もあるでしょう。それで彼の嫉妬や詮索が過ぎるという場合は、自分の投稿を彼には見えないように設定してしまうのも手です。

やましいことをしている訳ではなくても、相手に不安要素を与えるような状況を出来るだけ排除することで、彼から縛られることが少なくなるはずです。

または、あなたさえ良ければ彼と交際中であるとステータスを変更して、彼と一緒に写っている画像などを積極的に投稿するのも効果アリ。逆にSNSが彼を安心させるツールになることもあります。

とはいえ、SNSは恋愛関係において何かとマイナスに働くことが多いので、彼が嫉妬深いタイプならば多用を避けて、最初から彼とつながらないことをおススメします。 

2:自分の男友達を紹介する

嫉妬深い男性は、交際相手の女性に男友達が多いと「彼らと個人的に連絡を取ってほしくない」とか「一緒に遊んでほしくない」なんてことを言い出すことがあります。

筆者は、おそらく一般的な同世代の女性よりは男友達が多いほうです。そのためか、恋愛対象になりそうな男性とちょっと仲良くなった頃にSNSでつながると、男友達の多さにビビられてしまうことが多いのです。

普通の男性でもそういった反応なので、束縛するタイプの男性ならばなおさらですよね。

そんな相手の不安を解消するには、男友達を紹介して一緒に遊ぶことが一番!

そうすれば、あなたと男友達が本当にただの友達同士で、恋愛感情など一切ないことが分かってもらえるし、友達ぐるみで仲良くなることで、外掘から固めていって二人の距離もグ~ンと縮まるのではないでしょうか。

 

3:彼の嫉妬深い性格を理解してあげる

独占欲が強くて嫉妬深い性格は、そんなに簡単に変わるものではありません。もともとの性質や育った環境なども影響しているでしょうし、彼自身にとっても厄介な部分なのかもしれません。

彼のことが好きならば、そんな彼のパーソナリティーを理解して、嫉妬する彼を受け入れてあげましょう。

そして、あなたの彼への気持ちをしっかりと伝えてあげてください。一日中LINEをしていなくても、SNSでつながっていなくても、いつもあなたのことを考えているよと言ってあげてください。スマホの待ち受け画面を彼とのツーショット写真に変更するのもいいでしょう。

彼はあなたに愛されているという確信がほしいのです。ゆっくりと時間をかけて、彼にあなたの気持ちが伝われば、彼も安心するのではないでしょうか。

 

いかがでしたか?

すぐに嫉妬したり束縛したりするのは、自分に自信がない裏返しという場合もあります。折に触れ、彼の長所や素敵だと思うところを彼に伝えてあげれば、彼のジェラシーも次第に治まるのではないかと思います。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

  

【参考】

Jealous Type: How to Reassure and Win Over a Super Jealous Lover ‐ Lovepanky