就活生必見!? 社会人男子が「就活女子を口説く」悪~い手口とは

説明会に行って、エントリーシートを書き、面接に臨む……。この時期、就職活動で忙しい“就活女子”も多いことでしょう。そんなとき色々とアドバイスをくれる社会人男子は頼もしい存在です。しかし、注意してください。彼らの中には就活を利用して、女性を口説こうとする“悪い奴”もいるんです。今回は彼らが使う“悪~い手口”を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:“エントリーシートの添削”と称して……

「エントリーシート(ES)の添削は、就活女子を呼び出す良い口実になりますね。先輩面して、“ES見てあげるよ”って言えば、女の子はすぐにやってきますから」(Aくん、25歳/会社員)

初めて書くときは、何を書いたらいいのかまったくわからないES。その書き方を教わろうと、大学の先輩や、繋がりのある社会人男子に助けを求める女性は少なくありません。

簡単に2人っきりで会える

「女の子を口説くときって、まず二人っきりになるのが難しいんですよ。でも“ESの添削”っていう大義名分があれば、簡単に女の子と2人っきりになれます。“口頭で説明したほうがわかりやすいから”と言えばイチコロです」(Aくん)

女性にアプローチをかける際、まず一番難しいのは“女の子と2人っきりで会う”という約束を取りつけることです。ES添削という理由があれば、そのハードルを簡単に超えることができるのだとAくんは言います。

「2人っきりで会えればこっちのものですよ。添削をしながら、色々話して距離を詰めていけばいいんです」(Aくん)

就活女子の皆さん。社会人男子からES指導を受ける際は、注意してくださいね。社会人の顔の裏側に、下心が隠れているかもしれませんよ。

 

2:OB訪問の後で……

「OB訪問を受けた後、毎回のように“もし時間があれば、ちょっと飲みに行く?”と就活女子を誘ってますね」(Bくん、27歳/会社員)

大学の就職課を通じて、毎年何人かの就活生がOB訪問にやってくると言うBくん。一通り話をした後、「ちょっと食事でも行く?」と誘うと、多くの女子がYESと答えるのだとか。

“夜ご飯”の時間にOB訪問を受ける

「就活生の女の子と食事に行くために、OB訪問を受ける時間をわざと“夜ご飯”の時間帯にしたりしてますね。そうすると“ちょっと飲みながら話そうか”って流れに持っていきやすいので」(Bくん)

なんと、就活女子とお酒を飲みたいがために、わざとOB訪問の時間を夕食の時間に被せていると言うBくん。「お腹すいちゃったから、食事しながらでもいい?」と言って、OB訪問なのに居酒屋に女の子を連れ込むのだそう。

「飲み屋に連れ込んだら、あとは話をしつつ、ゆっくり口説けばいいんです。就活の悩みとかを聞いてあげれば、心を開いてくれる子もいるんですよ」(Bくん)

会社の話をしながら、就活の悩みを聞き、そしてゆっくりと女の子を口説いていく……最悪な男ですね!

OB訪問を申し込んだ際、夜の時間帯を指定してくる男性には気を付けてください。

 

3:採用過程が終わった後……

「ESの添削とか、相談を受けた後とかに、“選考が終わったら教えてね、ご飯おごってあげる”と言うんです。そうしたら、女の子にまた会えますし、飲みにいけるんです」(Cくん、26歳/会社員)

社会人の先輩として就活女子にアドバイスをした後、「就活が終わったら、飲みに行こう」と声をかけていると言うCくん。そうすることで、就活が終わった女の子が、お礼のメールをくれた際に、「じゃぁ、お祝いしようか」と飲みの誘いを出しやすくなるのだとか。

2度目に会うのはプライベート

「初対面で女の子を口説こうとしても、なかなか上手くいきません。でも、2度目なら、初回ほど緊張しませんし、相手のことがわかっているので話を盛り上げることもできます」(Cくん)

Cくんは、最初の就活相談で“いい人”の皮を被り、真剣に相談に乗ってあげることで、就活女子の信用を勝ち取っているそうです。しかし、2回目に会う際は、その皮を脱ぐそうで……。

「就活が終わった後で会うのは“プライベート”ですから、口説いたとしても、社会的には問題ありませんよね」(Cくん)

就活女子と2回目に会うのは、“仕事”ではなく“プライベート”だと言うCくん。「内定が出たお祝い」とか言って、お酒をたくさん飲ませて、その後は“普通に口説く”のだとか。

就活生の皆さん、就活を終えて、お世話になった男性と飲みに行く際は注意して下さいね。

 

いかがでしたか?

就活生にとって、社会人の男性は頼もしい存在に見えます。しかし、どんなに立派な人に見えても、中身はただの男。その毒牙にかからないように、細心の注意を払ってくださいね。