心にグサッ!男が「エッチの後に悲しくなった」彼女の一言

二人の愛情を確かめ合うエッチは、その行為だけでなく、相手にどのような言葉をかけるかも重要になってきます。せっかく気持ちいいエッチができたのに、あなたが彼に投げかけた“何気ない一言”が、彼の心をグサッと傷つけている……なんてこともあるんです! そこで今回は、男子に聞いた“エッチ後に悲しくなった彼女の一言”を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:「ちょっと太った?」

「エッチを終えた後に、“ちょっと太った?”って聞かれたことがあります。正常位でエッチしていたんで、僕の身体が重かったのかもしれません。でも、エッチを終えた直後にそんなこと言わなくてもいいですよね……」(Aくん、26歳/公務員)

余韻が台無しに……

彼と“裸の付き合い”をしていると、その身体の変化にも気づきやすいですよね。しかし、エッチの最中に「あれ? もしかして太った?」と思っても、その感想をエッチの最中や、エッチ直後の彼に伝えてはいけません。

エッチの余韻を楽しんでいる男性は、女性から「太ったよね?」なんて言葉を、聞かされたくありません。現実的な指摘を受けて、せっかくの余韻が吹っ飛んでしまいます。

 

2:「今日は早かったね」

「何気ない顔で、“今日は早かったね”って言われてショックだったことがあります。暗に“満足してないぞ”と言われてる気がして、悲しかったですね」(Bくん、27歳/会社員)

男のプライドが……

女性にはわからないかもしれませんが、男性にとって、エッチの際の“持久力”は男のプライドに関わる重要なポイントです。あまりにも“早い”と、男性はその事実を恥ずかしく思います。女性から“早い”ことを指摘された男性は、そのプライドを傷つけられたような気になり、落ち込むことも少なくありません。

エッチの際、“早い”とか“遅い”とかは、なるべく口にしないようにしてくださいね。

 

3:「めっちゃ眠い……」

「エッチを終えた後、彼女が一言だけ“めっちゃ眠い”って言ったんです。その言葉を聞いて、悲しくなりましたし、ちょっと白けました。やっぱり男としては“凄く気持ちよかったよ”とか言ってほしいんですよ」(Cくん、26歳/会社員)

エッチ後の“甘い言葉”が好き

Cくんのようにエッチを終えた後、彼女から「気持ちよかったよ」と“甘い言葉”をかけてほしいと思っている男性は少なくありません。エッチという肉体的な気持ちよさだけでなく、女性から甘い言葉を囁かれて、心まで気持ちよくなりたいと思っているのです。

エッチを終えた後は、疲れて眠いと思いますが、欠伸をかみ殺して、彼に愛の言葉を囁いてあげてくださいね。

 

4:「あっ、ご飯炊かなきゃ」

「同棲していた彼女が、エッチを終えた直後に、“あっ、ご飯炊かなきゃ”って言って、ベッドを抜け出したことがありますね。あれはショックでした。女の人って、そんなにすぐ現実に戻れるものなんですか?」(Dくん、26歳/会社員)

しばらくベッドの中にいてよ……

自分のためにお米を炊いてくれるのは嬉しいけれど、エッチの後は、しばらくベッドの中で抱き合って、余韻を楽しみたいと言うDくん。彼女が、エッチを終えた直後に、現実的な言葉を口にすると悲しくなるのだとか。

男性はエッチの後、冷静になる“賢者タイム”というものがありますが、全員が全員、エッチを終えてすぐに冷静になるわけではありません。やらなければいけない家事などが残っていても、しばらくはベッドの中で彼とイチャイチャしていましょう。

 

いかがでしたか?

男性の心は意外と繊細です。あなたの何気ない一言で、彼のハートは傷ついてしまうかもしれませんから、無事にエッチを終えた後も油断してはいけませんよ。