素直に甘えて先輩メロメロ~!「愛され後輩女子」になる心理学的方法

この春、新入学生や新入社員になった皆さん、おめでとうございます。女子のみなさんは、学校や職場でかっこいい先輩男子と知り合ったものの、どうやって仲良くなったらいいか悩んでいるかもしれませんね。今回は、そんな女子たちのために“先輩男子から愛されるための秘訣”を、大学で恋愛心理学を担当する筆者が心理学的に紹介したいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

後輩女子だからこそ使えるテクニック

同じ女子でも、後輩の男子や部下の男子ができたという女子では使えない心理テクニックがあります。いわば、後輩女子の特権ですね。

それはなにかというと……“甘え”と“素直さ”なんです。

この二つを上手く利用すれば、先輩男子たちからモテモテになることは間違いなしです。

 

甘えは男子の養護欲求をくすぐる!

先輩の男子に甘えるって、周囲の目が気になってできないというひともいるでしょう。ですが、甘えられるのは1年目のうちだけです。その特権を、今、使わないという手はありません。

ひとには誰しも、守ってあげたいという養護欲求があるといわれています。学校や会社に入って1年目は、わからないことだらけ。そんなときは「先輩、助けてください」と甘えちゃいましょう。

よほど自分のことで忙しいときでない限り、ひとは頼られて嫌な気持ちにはなりません。まして甘えられたら、男子の「守ってあげたい!」という養護欲求がくすぐられます。すると、先輩男子からの印象は「この子、カワイイ」の一言につきるわけです。

 

素直に助けを求める

そして、甘えと関連して“素直さ”。養護欲求以外にもひとには様々な欲求がありますが、その一つが支配欲求。誰かを自分の思いのままにコントロールしたいという欲求がひとには存在します。そして、一般的にその欲求は男子の方が女子よりも強いのだとか。

素直に助けを求められた先輩男子からすれば、「じゃあ、俺が教えてやろう!」となりますよね。それは、結果的に、自分が教えたとおりにする後輩女子を、自分が意のままにコントロールできたということ。

支配欲求が満たされ、その先輩男子からすれば、素直に助けを求めてきた後輩女子と一緒にいることは、心地いいものとなるわけです。

 

いかがですか。

ひとが持つ欲求は、満たされることで満足し、満足することで心地よさを覚えます。心地よさという快感情は、甘美なもの。先輩男子からすれば、そういう感情を感じさせてくれる後輩女子と一緒にいたいと思うわけです。

学校や会社に入って、何年もしてからでは使えない心理テクニック。“お局様”になれば、「そんなこと自分でやれよ」と思われるのが関の山。ですが、一年目のいまなら、堂々と使えますよね。

ぜひ、自分よりも後輩がいない今こそ、使ってみてくださいね。きっと、先輩男子たちから愛され後輩女子になること間違いナシです。