【体験レポート】セレブも支持するエクササイズ「カーディオ・バー」が日本初上陸!

「運動しなきゃ……」「ダイエット始めなきゃ……」この季節になるとあちこちで聞こえてくる声。せっかく夏が訪れるのだから、美しいボディラインで夏のファッションやビーチを楽しみたいですよね。そこに、この春日本に新しく上陸したエクササイズがあると聞き、早速、取材に行ってきました! 筆者の体験の様子とともにご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

『CARDIO BERRE(カーディオ・バー)』とは?

カーディオ・バーは、カリフォルニアを中心に人気を誇るバーエクササイズ。そのスタジオが、4月20日(木)に、自由が丘にエクササイズスタジオをオープンしました。

バーエクササイズの名の通り、バレエのレッスンのようなバーを使用するエクササイズです。アップテンポな音楽にのり、バレエの動きを取り入れたLAの最先端エクササイズは、アシュリー・シンプソンやダコタ・ファニングなど多くのハリウッドセレブたちにも支持されているのだとか。

まず、インストラクターのみなさんによるデモンストレーションを見せていただきました。

1:「体幹を鍛える」バレエの動きを取り入れたエクササイズ

バレエのバーを用いてバレエの動きを取り入れたエクササイズを行います。背筋を伸ばし、つま先立ちの状態で様々な動きを行なうため、自然と体幹が鍛えられます。特に、女性の大敵である下半身やヒップ、お腹周りのシェイプアップに効果的!

2:「減量も叶う」ダンス感覚の有酸素エクササイズ

アップテンポな音楽にのせてダンス感覚で楽しめるエクササイズ。60分で800〜1,000カロリーも消費するので、ダイエットや減量にも効果的です。

3:「怪我の心配いらない」大人向けのエクササイズ

飛び跳ねる動作がなく、可動域をできるだけ小さく行うので、体への負担が少なく、怪我の心配が少ないことも特徴。すでに痛みが気になる方も、低負荷で参加することができます。

 

実際に体験してきました!

実際に、筆者も体験レッスンに参加させていただきました!

更衣室はシックでモダンな落ち着いた雰囲気。清潔感のあるシャワーが備え付けのなので、汗をかいても心配いらないのが嬉しいですね。

貸していただけるウエアに着替えて、いざ、スタジオへ!

動きはそんなに難しくないはずなのに、ポーズを維持するたび身体の内側から熱を感じました。いかに、普段体幹を使っていなかったか……と反省させられることがたくさん。

アップテンポな音楽が流れますが、ダンスやバレエのように曲に合わせて踊る訳ではないので、ついていけなくなってしまう……という心配もなく、丁寧に身体と向き合うことができました。

また、バーを利用することで、無理なく体を動かすことができます。ストレッチとしても効果的ですね。

 

「より健康的で、より意味のあるライフスタイルの構築」

カーディオ・バー創設者のRichard Giorla(リチャード・ジオーラ)さんは、マイケルジャクソンのバックダンサーやハリウッド映画への出演など、30年以上のキャリアのあるトップレベルのダンサー・振付師。

そんな彼がカーディオ・バーを創設したのは、腰の怪我によってダンサー生命を失うという、ご自身の経験から。

怪我があっても可能なエクササイズを探し続けるなかで、激しい負荷のかかるエクササイズが多くの怪我人を生み出していること、同時に、怪我を抱えた人が自分に合ったエクササイズを見つけられずにいることに気づき、負荷が少なくしっかりと有酸素運動ができる、このエクササイズが生まれたということです。

怪我や痛みのある部分があるからこそ、身体づくりをするのは大事なこと。

身体に負荷をかけることなくしっかりエネルギーを消費できるエクササイズは、女性に優しいだけでなく、長い目で見たライフスタイルにおいても重要な意味をもっていたんですね。

 

いかがでしたか?

この春、ぜひ自分の身体と向き合い、身体も心も美しく凛とした姿で夏を迎えてみてください。

健康的な美しさは、女性としての魅力だけでなく、人としても、あなたを内側から磨き上げてくれます。

きっとその先には、新しい自分との出会いがあるはずです!