女性が苦手…な男子が「このコは違う!」と心を開いてくれる方法4つ

イケメンだしモテそうなのに、なんとな~く女性を避けていて、全然女の子と話している姿を見かけない男性……女性のことが苦手で、固く心を閉ざしてしまっているのかもしれません。そういう男性の心を開かせることができれば、実はとても一途で、大事にしてもらえるんですよね。そんな男性の心のほぐし方をチャットレディの土屋さんに聞いてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:話は物足りないくらいでいい

「女性のことが苦手なんだなぁという男性には、あまりいっぺんに情報を与えすぎないほうがいいですね。女性と話すだけで疲れると感じている人が多いので、まずは“一言声をかけて去る”ということを繰り返して、自分との会話では疲れない、と思ってもらえるように慣れさせましょう」

女の人が苦手だと思っている男性は、話をすることだけでも疲れてしまうんですね。無言で話を聞いてくれるからと、自分からずっと話しかけ続けるのは、相手にプレッシャーを与え続けるのと同じになってしまうので注意が必要そうです。

 

2:相手が話そうとしているときは待つ

「こういう男性でも、自分の気持ちを話したいと思うタイミングはあります。そのタイミングを見逃さないで、すぐに言葉が出てこなくても、相手が話してくれるのを待ってあげると、相手は安心感を覚えてくれます」

――待っているときの注意点ってありますか?

「じっと見つめたりしないことですかね。目や顔を見つめられすぎると威圧感を与えてしまいますから」

普通の男性ならじっと見つめることで好意を伝えられる場合もありますが、女性に苦手意識を持っている男性には逆効果のようです。

その場の空気を軽くするように、姿勢や視線などを工夫すると、男性から話を引き出しやすいかもしれません。

 

3:自分の悩みを少しだけ言う

「人は相手から自己開示されると心を開きやすいという心理が働きます。ですが、女性のことが苦手な男性に重い悩みをぶつけても、困らせてしまうだけです。なので、相手が一言アドバイスをできるような軽い悩みを打ち明けてみましょう」

――悩みじゃないとダメですか?

「いいえ。悩みじゃなくても、ちょっと普段の会話より自分の内面について語るような会話ならなんでもOKです。たとえば、“私って○○がコンプレックスなんだよねぇ”とか」

相手からコンプレックスの話をされると、「あ、心を許してくれてるのかな」って感じそうですね。こうやって自分から心を開くことが相手の心の鍵を開けるチャンスを作ってくれるのかもしれません。

 

4:相手の魅力を伝える

「相手を褒めることも重要なポイントです。ただし苦手だと思っている相手からべた褒めされても男性は信用してくれません。褒めすぎてもダメってことですね」

――どんな褒め方がいいですか?

「たとえばですが、“○○君っていつも朝早めに来ててすごいよね”とか“○○君ってすごく誠実そうでいいなぁ”などですね」

女性に苦手意識を持っている男性を褒めるのって意外と難しそうです。普通なら褒めまくればいいですが、あまり変に褒めすぎると違和感がでてしまうことも。

「あなたはすごく魅力的ですよ」ということを、さり気なく伝えるように褒められるポイントを探すとよさそうです。

どんな人を苦手そうにしている?

「あとは、その男性の周りにいる女性たちを観察してみるのも一つの手です。一歩引いて観察すると、その男性がどんな女性を苦手としているのかが見えてくるはずなので、そういう女性とは違うアプローチを考えやすくなりますよ」

相手を知ることがやっぱり相手の心を解きほぐすヒントになるんですね。じっくり観察してから、ゆっくりと近づくのがいいかもしれません。

 

いかがでしょうか? 女性のことが苦手だなって思っている男性って、意外と多いと思います。そんな人だからこそ、あなたに心を開いてくれたら、浮気などの心配もしなくてよくなります。

こういう男性は攻略するのにコツと忍耐がいりそうですが、後々すごく大切にしてもらえそうですね!

 

 

【取材協力】

土屋美咲・・・現役チャットレディ。OLをしながら副業のチャットレディで月50万以上の収入あり。キャバクラ経験もあり、男心をくすぐるプロ。