コーヒーでも…!料理が苦手な女性でもできる「男の胃袋の掴み方」

料理が苦手な人に朗報です! 男の気持ちを掴むためには、胃袋を掴むのがいいというのは昔から言われてきました。それは料理を不得手とする女性たちにとっては悩みの種。ですが、筆者の周りで最近、“コーヒーで胃袋を掴まれて結婚にまで至るカップル”が現れました。そこで他の男性陣にも話を聞いたところ、実はコーヒーやお茶でも男の胃袋を掴めるそうなんです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お茶やコーヒーを美味しく淹れられる女性

男性たちに話を聞いたところ、美味しいお茶や美味しいコーヒーを淹れられる女性を魅力的だと感じる男性がほとんどでした。

もちろん料理ができればそれに越したことはないのですが、それには数をこなす必要があり時間が必要です。すぐにモテたい人にとって、それは長い道のりになってしまうので、まずはコーヒーから始めるというのも一つの手なんです。 

まずは自分の好きな種類を見つけて極める

ただし、「たかがお茶やコーヒーでしょう?」などと侮るなかれ。みなさんご存知の通り、お茶にも紅茶にもコーヒーにも、それぞれ沢山の種類があります。

しかし自分の好みに合わないモノは自分で美味しいと感じられないでしょうから、まずは自分が好きなコーヒー豆やお茶を探してみるところからスタートすると楽しく続けられるでしょう。

 

いちばん大切なのはタイミング

そして、何人もの男性から話を聞いてわかったのですが、飲み物で胃袋を掴むために重要なポイントがあったのです。それはタイミング!

仕事で疲れているときなどに美味しいお茶やコーヒーを淹れてもらって、心がホッとしたという男性は1人や2人ではありませんでした。

弱っている時に看病してあげると惚れてもらえるのと同様、疲れている男性を見つけたら、すかさず「コーヒーでも淹れようか?」と言ってあげられると、高ポイントを稼げる可能性が高いのです。

思いやりの一言でさらに「ホッ」とさせる

さらに飲み物を渡すときに、無言で渡してはいけませんよ。ここはやっぱり相手のことを思った一言が重要でしょう。男性たちに、今までかけてもらって嬉しかった言葉を聞いてみました。

「仕事頑張ってるね。応援してるよ」(Iさん/29歳)

「ちょっと頑張りすぎじゃない? 少し休んだら?」(Oさん/28歳)

「疲れてない? ちょっと休憩して話でもしようよ」(Uさん/25歳)

こんな風に、さり気ないけれど自分を気遣う言葉をかけてくれる女性に、男性たちはグラッとくるようです。

 

「たかが飲み物でしょ?」と、お茶やコーヒーの有り難味に気づいていなかった人。実は一杯のコーヒーから結婚が生まれる可能性もあるって知っていただけましたか?

いい人と出会えるチャンスなんて、こんなに身近に転がっているんですね。あなたも気になる男性にホッとしてもらえるコーヒーを淹れてみてはいかがでしょうか。