ママタレに聞いた!「新米ママになる前にやるべき3つの新習慣」

「ママになったら一気に老けた……」ちらほら聞こえるそんな新米ママの声。いうまでもなく出産は「命がけ」で身体には相当なストレスがかかる行為です。さらに子どもができると、自分自身の美容にかける時間もお金も減りますよね。でも女性であればママになってもずっと変わらず美しくいたいもの。そこで今回はママタレントやウォーキング講師として活躍中の萬木良美さんに「新米ママになる前から実践しておきたいお金と時間をかけない新習慣」について伺いました!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

ママになると「時間がなくなる!」

「ママになって何よりも自分の時間がなくなったことが一番大きな変化」だと語る萬木さん。

大切なことは独身のときとは違って「スキマ時間に」「できれば子どもと一緒に」できる美容法を実施することだそう。

しかし急に実践するとなると大変です。

でも時間的余裕のある独身時代から習慣として身に付けておけばママになっても難なく続けられますよね!

「●●ちゃんのママ若い!」そういわれるように新米ママになる前からからケアする事が大切なようです。

(1)子どもと一緒に! 早寝早起き

「これは子どもと一緒にできる一番簡単な心掛け!」と語る萬木さん。

子どもが生まれると生活リズムが乱れがちになりますが、習慣として身に付けておけば大きなストレスや代謝の悪さは少なくなるそう。

「生活のサイクル」はすぐに取得できるものではないですよね。

独身時代は夜更かししがちな休日の前日もできるだけ早寝早起きをして少しずつ習慣として身に付けておきたいですね!

 

 

(2)ママになったら姿勢が悪くなる……。気づいたときの「肩甲骨回し」

「ママになって授乳したり育児に追われたりすると姿勢がどんどん悪くなるばかり。肩こりや、産後の骨盤の広がりで下半身太りが気になったり……。こんな時に覚えておいた方がいい一番簡単なエクササイズは肩甲骨をよく回して肩周りをほぐすこと。これは顔のリフトアップにも繋がります。姿勢が悪いと肩甲骨も固くなりがちなので、気がつく時にやるようにしています。独身の頃から簡単なエクササイズを覚えておけば産後太りで急にどうしよう……!と焦ることはないと思います!」

出産後に体格が変わるというのはよく聞く話。

萬木さんは「気が付くときにやる」癖を独身時代から身に付けていたそうです。

(3)自分に合ったものを見つけておく!「酵素ジュースを研究」

「スーパーのお惣菜に頼らず全て手作りを心がけています。和食や野菜料理が中心。豆腐ハンバーグにしたり、カレーのルーを米粉に変えて作ったり。手作り酵素ジュース、こんぶちゃ、発酵食も自宅で作っています。コストダウンにもつながります!」

保存のきく酵素ジュースや発酵食は作り方を覚えておけば誰でも作れるそう。

様々なレパートリーがあるので時間のある独身時代に自分にぴったりな物を探しておいて、ママになっても継続的に飲み続けることが独身時代と変わらず若々しくいれる方法だそうです。

ママになってからじゃ遅い!

今活躍している「ママタレント」はママになって焦ってケアを始めたのではなく、独身時代から先を見据えた習慣を作っていたそう。

「まだまだママになるのは先!」と思っているあなたもいまから少しずつ先を見据えた新習慣を意識してみませんか?

【取材協力】

萬木良美…関西でママタレント・親子モデルとして活動中。神戸電鉄親善大使などを中心にTVや雑誌・ファッションショー等に多数出演中。兵庫県三田市で毎年開催される「さんだ美人コンテスト」イメージモデル及びウォーキング講師。