誘われたけど…その日は無理!そんなとき「言ってはいけない言葉」3つ

会社の同僚や、合コンで出会った男性がランチなどに誘ってくれた……。こんなとき相手のことをちょっとでも良いなと思っていたら、断り方にも慎重にならなければいけません。もし忙しくて無理だったとしても、一回の断り方の失敗で二度と誘ってくれないこともあるんですから。男性が勇気を出して誘ったの心が折れた言葉を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

あなたに気があることを忘れないで!

男性に話を聞いてみると、やっぱりランチにしてもお茶にしても、どこかに女性を誘うというのは相手に気があるときにしかしないそうです。

ただ暇だから相手を誘うというのは、男性にとってはリスクも大きいのだということを念頭において、「一回くらい断っても大丈夫でしょ」という気楽な断り方には注意したほうがよさそうですよ。

 

1:「ごめん、無理っ」

「同僚で気になってる子がいたので、仕事終わってからデスクの近くに言って“この後ご飯とかどうかな?”って言ってみたんです。そしたら、こっちも見ずになんかイライラしたような感じで、“ごめん、無理っ!”って一蹴されちゃって、傷つきました」(Tさん/28歳)

仕事で忙しくしていると、余裕もなくてこんな断り方をしてしまうこともありますよね。

ですが、男性は理由もなく断られることに恐怖を感じているようで、この後、結局一度もお誘いをできなかったというんです。

せめて顔を見て、「ごめんなさい。嬉しいんだけど、今日は仕事が溜まってて残業しないといけないから、無理なんだ。また今度誘ってください」と言えれば、恋に発展していたかもしれないのに、残念ですよね。

 

2:「どこいくの? お金大丈夫?」

「結構仲良くしてた女性を初めて2人きりのディナーに誘ってみたんです。そしたら、“え? どこ行くの? お金大丈夫?って言われちゃって、なんか面子丸つぶれって感じですよ」(Iさん/26歳)

この男性の場合は、相手が年上だったこともあり、お金の心配をされてしまったようです。

男性はプライドが高い人が多いですから、自分からデートに誘ったのにお金の心配をされるなんて目に遭うと、ショックが大きいようです。

せっかく誘ってくれたのなら、一回目は「ありがとう」とお礼を言って、お金なども「どれくらい払えば良い?」と聞くようにした方がいいでしょうね。

 

3:「○○ちゃんとか誘ってみたら?」

「合コンで知り合った子とその後もLINEしてて、結構いい仲になってきたと思ったから“今度デート行こうよ”って誘ったら、“その日無理なんだ。○○ちゃんでも誘ってみたら?”って言われて、“あぁ、脈なしなんだな”って撃沈しました」(Hさん/25歳)

自分のことを誘ってくれている男性に向かって、ほかの女性の名前を出すのは絶対にNGですよね。

もちろん、相手のことに全く興味がなく、金輪際デートなどに誘われるのが面倒な相手からのお誘いなら、敢えてこんな風にして脈なしを伝えるのは一つの手かもしれません。

ですが、ただ本当に別の予定が入っているだけなら、こういう断り方をすると次は絶対にないと覚悟しておいた方がいいでしょう。

 

モテ子は次の予定でフォローする!

さて、男性からのお誘いを断らないと行けない時に言ってはいけない言葉を紹介しましたが、ではどんな風に言うと相手を傷つけないのでしょうか。

筆者の周りのモテる女性に話を聞いたところ、基本的にみなさん「後日穴埋めは絶対」「謝ると同時に、誘ってくれた御礼を言う」がポイントだと言います。

また、誘ってくれた日の当日の夜などに、「今日は誘ってくれたのに行けなくてごめんね。また誘ってください」などとLINEを入れるといいます。このような細やかなフォローが大事なんですね。

 

男心は結構繊細です。特に考えずに言った一言が、恋の始まりを逃す結果を招いていることも少なくないのかもしれません。

男性が誘ってくれたときには、相手の気持ちを十分に汲み取った上で丁寧な返事を返してあげるとモテる女に近づけそうですよ!