30万返せ!毛じゃなくてお金が消えた「脱毛サロン」の悲劇

これから気温が上がり肌の露出も増えてくると、意識しなければいけないのが? そう、脱毛です。でも、脱毛をするにも、どんな施設を利用すればいいかは悩みどころ。最近では、金銭面でのトラブルなどよくない噂もちらほら耳にします。そこで、女性に聞いた「脱毛におけるトラブル体験」などをもとに検証してみましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脱毛サロンに駆け込まないで!

全国に約100店舗を構え、会員数も約9万人にのぼる脱毛サロン『エターナルラビリンス』を運営するグロワール・ブリエ東京が、破産手続きをおこなったのがつい先日の話です。

低価格でありながら、高級感のある空間での脱毛を売りにしていたものの、広告宣伝費や固定費などの増大によって経営状態が悪化したのが主な原因のよう。これを受け、退会を希望する利用者への返金などが困難な状況となっています。

東京商工リサーチの調べによれば、エステティック業の倒産は2014年の30件、2015年の43件、2016年の51件と右肩上がりに増えているといいます。

それに伴いトラブルも増加。ほかにも脱毛サロンにおいて、施術における安全面への不安も指摘されています。ですから、広告を見て安かったからと、すぐに行動に移るのは危険です。 

脱毛におけるトラブル体験

「予約が取れず治療が進まない」…真希(仮名)/29歳

「そろそろ本格的に婚活をしようと、脱毛サロンに通うことにしました。全身脱毛のコースで、一括での支払いがお得ということで、30万円以上を振り込んだのです。

でも、性格的に面倒くさがりな私。雨が降ったりすると行く気も失せて、キャンセル。しかも、予約を入れようとすると、今度はしばらくいっぱいで入れなかったりと、まったく治療が進みませんでした。

結局、3回だけ通って、あとは行かず仕舞い。せめて分割払いにしておけば良かった。まあ、自分の性格が分かっていながら、一括で支払ってしまった私も悪いんですけど……」

 

「医者の彼氏に怒られた」…悠子(仮名)/31歳

「ハイスペックな彼氏ができ、これは気合を入れなければとエステで脱毛を受けることにしました。まずはワキから始めたんですが、ちょっと痛みがあって、しばらく火傷のような痕が残ったんです。

心配になってスタッフに尋ねても、“よくあることです”と言われるだけで、何もアドバイスをもらえませんでした。痕は薄くはなるものの、なかなか消えませんでした。怖くなった私は、彼に相談。実は彼、お医者さんなんです。

彼曰く“エステサロンでの脱毛は、医療機関での脱毛と違って医者が常駐しているわけではないので火傷などのトラブルに迅速に対応できない”とのこと。すぐに辞めるように言われました。そして今は、彼が勧めてくれた医療機関での脱毛に切り替えました」

 

ツイッターでの反応

 

大手でも安心はできない!

独立行政法人国民生活センターによると、全国の消費生活センターなどへのグロワール・ブリエ東京に関する苦情は2016年が762件(2017年4月10日時点)で、前年の182件から約4倍に増えたといいます。

そのほとんどの苦情は、解約したにもかかわらず、返金されないという料金に関係する内容とのこと。

過去にも脱毛サロン最大手『ミュゼプラチナム』が資金繰りに行き詰まり、運営していたジンコーポレーションが事業を譲渡した経緯もあります。大手だからといって安心はできません。

 

以上、脱毛におけるトラブルやサロン利用者の反応などをご紹介しました。

これから夏に向けて、脱毛を考える方も増えてくると思いますが、広告だけを見て決めてしまうのはいささか問題ありです。脱毛するなら、金額だけでなく、安心・安全性も重要。

脱毛サロン以外にも、最近増えている医療クリニックでの脱毛や、その他の方法もあります。いろいろ情報を収集して比較しつつ、慎重に選びましょう。

 

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!