付き合って「この人を選んで正解」と思う瞬間!意外なアレが同じことだった!

世の中毎日のようにどこかで出会う男女もいれば、どこかで別れを選ぶ男女もいます。そんな中長く付き合っていても本当に仲のいい男女をみると、心から羨ましく思いますよね。自分にもここまで合う人が見つかれば良いのに……と思った経験がある人も多いはず。そんな仲良しカップルに、「この人を選んで正解だったなぁ」と思った瞬間を聞いてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:毎日感謝できる!

「男の人ってあんまり感謝の気持ちとかを口に出してくれないことが多いじゃないですか。私が今まで付き合ってきた人はそうだったんですけど、今の彼は全然違って、すぐに“ありがとう”って言ってくれるんです!」(Fさん/29歳)

--それなら、ケンカとかしなさそうですね。

「いいえ、ケンカはしますよ。お互いに結構譲れない部分があるので、言いたいことは全部言っちゃいます。でも、全部言った後は話し合いですね。お互いに譲れるところは譲って、2人の納得できる落としどころをみつけます」

--すごくいい理想的なケンカですね。

「そうなのかも。言いたいこと我慢するストレスないですからね。最後は必ずお互いに“ごめんなさい”とか“ありがとう”って言えるから、毎日感謝してるみたいな感じですよ」

 

2:とにかく楽

「彼の“ここが好き!”って強い気持ちではないんですけど、一緒にいるのがとにかく楽なのが魅力かなぁ」(Uさん/27歳)

--楽ですか? 楽しいとかじゃなくて。

「そう、楽です。本当に気を遣わないし、相手も気を遣っている感じがしないです。だからって居なくてもいいなんてことはなくて、横にいつも居て空気みたいな存在というか……」

--ドキドキとかはしないんですか?

「あぁ、そういう意味では恋愛の楽しさとはちょっと違うかもしれないですね。駆け引きとかも一切ないし。でも、隣にいてくれないと落ち着かないから、好きなんだろうなぁって」

 

3:嫌いな人間のタイプが同じ

「この前ちょっと高級なレストランにご飯を食べに行って、その時にたくさん話をして気づいたんです。彼と私って嫌いというか苦手なタイプの人が同じなんですよ」(Hさん/26歳)

--その部分が合っていると?

「そうですね。だからお互いの友達とかもみんな仲良くて、彼の友達もすごくいい人ばかりだし、私の友達もみんな彼とのこと応援してくれるし。そういう人間関係が全部いい関係なのって珍しくないですか?」

--人が集まると大抵問題が起きますよね。

「そういうのが一切ないのがいいなぁって。人間関係で悩むのってすごく苦手なんです。もともとあんまり交友関係が広くもないし、だから気の合う人とだけ付き合っていたいし、悩みたくない。彼も同じだから、2人とも職場以外では人間関係の悩みが全然ないですよ」

 

相手のことが気になりだして、相手のことを色々と知っていく中でどんどん好きになって、付き合い始める……。この段階ってまだ相手のことを全部は知らないんですよね。そこから長く付き合っていけるかどうかは付き合ってみないとわからないもの。

でもあるときフッと「この人と一緒にいるのが正解だったんだ」と気づくと、結婚までいけるのかもしれないですね。