モテる女は断り上手!「興味のない男子」にNOを伝えるテク3つ

好きでもない男子からしつこくされたとき、どんな風に撃退していますか? 単刀直入に断ってしまえば角が立つ間柄の場合には、やんわりと、でも確実にお断りできるテクを繰り出したいですよね。面と向かって断るのは難しいけれど、しっかりノーを突きつけたいときの極上テクをお届けしましょう。おしとやかながらも、確実に撃退できます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:聞こえないふりをする

こちらがなにかを伝えても、意に介さないでしつこい男子を撃退するためには聞こえないふりをしてその場をやり過ごすのもテクニックです。

「デートしようぜ!」などとゴリゴリ押してくる彼を正面から受け止めて反論してしまえば、それだけトラブルを招きがち。

しかし、思い切って聞こえないふりをしてしまえば、角が立たずに彼の誘いを受け止めない展開が叶うのです。

筆者が男友達に「口説いている女の子が、聞こえないふりをして誤魔化していたらどう?」と尋ねると、「それは上級テクだな」(38歳)と褒められました。

ぜひ、試してみてください。

 

2:不機嫌になる

あまりにもしつこい男子を撃退するためには、言葉に出さずに不機嫌な顔を演じるのもテクニックです。

ここで注意したいのは、あくまでも不機嫌な顔を貫き、間違っても“体調不良な顔”には見せないこと。

体調不良だと思わせてしまえば、「俺が看病してやるよ!」的な流れに持っていかれますので、どこまでも不機嫌顔を貫くのです。

筆者が男友達に「口説いている女の子が、露骨に不機嫌な顔になったらどう?」と尋ねてみると、「悪いことしたかなって思って、それ以上口説けなくなる」(38歳)とのことで、なかなか使えるテクニックであるのは間違いなさそうです。

 

3:寝る

さらに、あまりにも「付き合おうぜー」「俺、君のことが好きなんだよー」などとしつこさの極みのような言動をしてくる男子には、思い切って目の前で寝たふりをするのも効果的なのです。

口説かれている場がアルコールの席だろうと、昼間の公園だろうとまどろんでいるように寝たふりをすれば、それ以上相手は口説けなくなります。

「寝たふりをしたら、そのままホテルに連れ込まれそうでコワイ」と感じるかもしれませんが、筆者が男友達に確認をしたところ「寝ている相手に話しかけ続けるのは寒いし、疲れているんだろうなって思うからその日は諦めます」(33歳)とのことでした。

こちらは口説いてきている男子の性格にもよるかもしれませんが、スヤスヤと寝てしまった相手に話しかけ続ける男子は少なそうですから、場面に応じて繰り出してみてください。

 

以上、「めっちゃ、しつこいんですけど!」と怒鳴りたくなるほどにしつこく口説いてくる男子を、瞬時に撃退するテクをお届けしました。

確実に撃退したいけれど、面と向かってノーを口にできないときには、ぜひ思い出してみてください。