土壇場で…!? ついにパンティを脱がす瞬間「男が考えること」3つ

愛する女性との初エッチ、男性は興奮状態に陥っています。初めて見る彼女の下着姿、ブラジャーを外し、ドキドキしながら“最期の砦”パンティに手をかける……しかし、そんなときでも、男は頭の片隅で“いろんなこと”を考えてしまうというのです。それは一体どんなことなのでしょうか? 20代男子に訊いてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:下の毛は?

「パンツを脱がせるときは、その下に隠れている“彼女の毛”はどんなふうだろうって、考えていますね。剛毛だったり、もじゃもじゃだったら嫌じゃないですか」(Aくん、25歳/会社員)

整っていると嬉しい

女性のパンティを脱がせる際、アンダーヘアを想像していると答えてくれたAくん。Aくん曰く、“無秩序に生い茂っている”よりも、ある程度“整えられた状態”のほうが嬉しいのだとか。

男性とエッチをする際は、脇や脚のムダ毛処理だけでなく、アンダーヘアもきちんと整えておく必要があるんですね。

でも、「どんなふうに整えたらいいんだろう?」と迷うこともありますよね。そんな迷える女性に向けて、Aくんから一言アドバイスをいただきました。

「もちろん無毛でもウェルカムです」(Aくん)

アンダーヘアを想像しちゃうというAくんですが、「なくてもいい」とのこと。アンダーヘアが好き……というわけではないんですね! 

2:ニオイは大丈夫かな?

「女性のパンツを脱がせるときは、ニオイを気にしちゃいますね。衣類を身につけていると、ニオイってわからないじゃないですか? 汗臭いくらいならば問題ないんですけど、不衛生なニオイがするとゲンナリします……」(Bくん、27歳/会社員)

クサいと触りたくない

初めてエッチをする女性のパンティを奪い取る際、毎回「クサくありませんように!」と祈っているBくん。過去に“とてもクサい”女性に遭遇したことがあるそうで、そのときは「さわりたくもないぜ……」と思ったのだとか。

エッチの際には、まず手などを使って、女性のことをしっかりと気持ちよくしてあげるBくんでも、女性の下半身からイヤなニオイが漂ってくると、それも“手抜き”になってしまうといいます。

「いつもあまり愛されない……」という人は、自分のニオイをチェックしてみる必要があるかも!?

 

3:使い込まれているのかな

「“黒ずんでたら嫌だなぁ”って思いながらパンツを脱がせますね。迷信だってわかっているんですけど、やっぱり色を見ちゃいます」(Cくん、26歳/会社員)

迷信だと思いつつ“色”を見ちゃう

パンツをおろせば、当然そこには女性の“大切な部分”が隠れています。初めて女性の“大切な部分”を見るにあたり、Cくんはその“色”を気にするのだとか。

確かに、世の中には「遊んでいて、エッチの経験豊富な女性は黒くなる」なんて迷信がありますよね。Cくんもそれがウソであると、頭ではわかっているものの、やっぱり気になって色をチェックしてしまうのだといいます。

自分の“大切な部分”、その色にコンプレックスを抱えている女性は、男性とのエッチの際、部屋の照明を暗くしておきましょう。そうすれば色なんてわからないので、変な誤解を与えることもありません。

 

いかがでしたか?

男性たちは女性のパンティを脱がせる際、こんなことを気にしているようでした。脇目も振らずな興奮状態と思いきや……、結構、土壇場でも細かくチェックしているんですね。気をつけてください。