キスよりもアレが大事…!?「本命彼女にしかできない」エッチ3つ

みなさんの彼氏は、どんなエッチをしてくれていますか? 優しいのから、気持ちいいのまで、愛する人とひとつになるって素敵ですよね。でもなかには、「本当に愛情があるのか、ちょっと不安……」という人もいるでしょう。そこで今回は、男子が本命彼女にしかできないエッチを『初めてのオーガズム: 26人のハツイキ告白』の著者、箱崎キョウコさんに解説いただきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:「愛してる」系の言葉

箱崎「よほどのタマではないかぎり、男子は遊びの女には“愛してる”とか“ずっと大事にするよ”とか、エッチ中には言えません。そんなことを言っても興奮できないですし、勘違いされても困りますからね。

キスの最中などでは、もしかしたら次にエッチにもちこみたいがために、そういう言葉を言うことはあると思いますよ。ですが、もうエッチしているわけですから、そんな誤解を招く言葉を言う必要はないのです。

むしろ“次”を考えると、今度はいかに上手にフェードアウトするかが大事ですから、余計なことは言わないでしょうね」

言われてないなら、言ってみよう!

エッチ中の「愛してる」などは、本命彼女にしか言えないということ。みなさんは彼氏から、エッチ中にちゃんと「愛してる」と言ってもらえていますか? もしノーならば、こちらから「愛してる」と言ってみましょう。熱のこもった返事をしてくれるでしょうか? 確かめてみてください。

 

2:チュッ、チュッ、チュッ

箱崎「本命彼女じゃなくても、キスはできます。気持ちよくなれるから。しかし、ほっぺたやおでこなどに、チュッ、チュッとやさしく笑顔でするのは、遊びの女相手には、なかなかできません。

遊びの女との興奮要素は“背徳”にあるので、さきほどの“愛してる”もそうですが、やさしいラブラブなチュッ、チュッなども、逆に興奮の邪魔になってしまうんですよね。

もし、相手に彼女がいるとわかっているとき、こういうチュッなどをしてくるのならば、こちらに傾きかけていると思ってもいいでしょう」

愛情で興奮できるか?……が鍵

激しいキスではなく、やさしくチュッ、チュッとするのも本命彼女相手じゃないとできないということ。本当にラブラブな気持ちがないと、そういう愛情表現で興奮できない……というのは、なんか納得ができますね。背徳でも興奮してしまう人間というのは、罪な生き物です。

 

3:やる気なくても、一生懸命でやさしい!

箱崎「エッチの際、女性側がいまいちやる気がなくても、一生懸命になってくれて、やさしくしてくれる……これも本命相手ではないとできないですね。

遊びの女はいわばエッチが目的ですから、その目的であるエッチがイマイチだったら、存在価値がないんですよ。エッチが楽しい相手ではないと邪魔なだけですから、一生懸命になる理由がないんですね。

本命とは先のことを考えますから、よいエッチができるよう、気遣ったり工夫したり一生懸命になったりできます。そしてポイントは、そこに“やさしさ”があるかどうか。

遊び相手だと、スイッチが入り、怒りを強引さに切り替えて、そういうプレイをやってみる男子もいます。それは一生懸命にみえるけれど、愛ではないですね。

こちらのやる気がないとき、どれだけやさしく一生懸命になってくれるかが鍵です」

本命でもマンネリの場合は……?

やる気がなかったり、反応がイマイチだったり……。そんなとき、やさしく一生懸命になってくれる。そこで愛情をはかれるのですね。

「もう長いから、そんなことはしてくれないですよ」という人は、本命ではあっても、愛情が薄れていると言えるかもしれませんよ。いわゆるマンネリですね。お互いの愛情をたかめることをなにかしてみましょう。

 

本命彼女にしかできないエッチをご紹介しました。「先の関係を考えたやさしさがある」というポイントがありましたね。背徳のエッチよりも愛情のエッチで、本当の幸せを手に入れてください!