鼻歌はNG…!「彼の部屋でシャワーを浴びるとき」の注意点3つ

彼とゆっくり時間を過ごすことができる“お泊まりデート”。彼の部屋で、就寝前にシャワーを借りることも多いでしょう。そんなとき、実はいくつかのポイントに注意しておかないと、楽しいお泊まりデートに“水を差す”結果にもなりかねません。一体、どのような点に注意すればよいのでしょうか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:鼻歌はダメ…!

「お風呂場で鼻歌を歌っている女の子に対して、“鼻歌やめてくれるかな?”って注意したことがありますよ。僕の部屋、壁が薄いんです」(Aくん、27歳/会社員)

浴室の中でうるさくしない

一人暮らし用のマンションやアパートの多くは、あまり防音がしっかりとしていません。壁が薄くて、生活音が隣の部屋にすべて筒抜け……なんてことも珍しくないんです。

つまり、浴室の中で女性が鼻歌を歌っていると、その歌声は浴室の外にいる男性だけでなく、隣の部屋の住人にまで聞こえていると考えるべきでしょう。

壁越しに女性の鼻歌が聞こえてくれば、隣の住民に「隣の男子、女の子連れ込んでるな」とバレバレ。そんなの恥ずかしいですし、家主である彼はもっと恥ずかしいはずですよね。

彼の部屋でシャワーを借りる際はできるだけ物音を立てず、静かに身体を洗いましょう。

 

2:身体を洗うのは大事だけど……

「女の子のシャワータイムって長いですよね。待ち過ぎて、眠くなっちゃうから、できるだけ早くあがってきてほしいですね」(Bくん、25歳/会社員)

時間をかけ過ぎるのはNG

女性がシャワーを浴びるために、浴室へと姿を消した後、男性は“その後の展開”に想いを馳せ、期待に胸を膨らませます。

しかし、女性があまりにも長い間、浴室から出てこないと、男性は段々眠くなってしまい、最悪の場合“寝落ち”してしまうこともあるんです。

お泊まりデートの夜は、彼と一緒にベッドの中でイチャイチャする可能性がありますから、女性としては身体を隅々まで綺麗にしておきたいことでしょう。

しかし、身体を洗うのに時間をかけ過ぎると、彼が寝てしまってイチャイチャできなかった……なんて、本末転倒な事態が起きるかもしれませんよ。注意してくださいね。

 

3:彼の部屋を濡らさない!

「髪が長い人が多いからなのか、女の子にシャワーを貸した後って、部屋のあちこちに水滴が落ちてるんですよね。それが嫌です」(Cくん、27歳/会社員)

タオルは頭に巻いておく!

一人暮らしの男性の部屋には、脱衣所がなく、浴室と部屋が直接つながっているというタイプも少なくありません。

そんな種類の部屋では、浴室の内部で身体についた水滴をよく払い落としておかないと、水がぽたぽたと滴り、彼の部屋をベチャベチャにしてしまう危険性があるのです。

自分の部屋やベッドを濡らす女性のことを、男性はあまり快く思いません。

特に髪の毛が長い女性は、その毛先から水滴が落ちてしまうことも少なくありませんよね。彼の部屋にある家具やベッドを濡らしてしまっては大変ですから、タオルなどで濡れた頭を包むなど対策を講じましょう。

 

いかがでしたか?

些細な注意点かもしれませんが、“細かいところ”を気にする男性は少なくありません。せっかくのお泊まりデートなのに、彼が不機嫌になったら、面白くないですよね。これらの情報はしっかりと頭に入れておきましょう!