恋も仕事も絶好調にッ!「万人受け女子の愛されトーク術」3つ

小悪魔系女子はオトコを落とすことには長けていますが、女子には嫌われがち。その一方で、どこでもいいポジションを築ける「万人受け女子」は長期的に見ると仕事や恋愛と、なんでも上手くいく確率が高いのです。今回はクラブの「ヘルプ専門」としてママやお客様から人気があるホステスのHさんに、たくさんの人に愛される“万人受け女子のトーク術”について聞きました!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

クラブやキャバクラの「ヘルプホステス」って?

クラブやキャバクラにはとても大切な「ヘルプホステス」という存在があります。

「ヘルプホステス」とは指名客を持つママやホステスのテーブルについてホステスやママをサポートしながら話を盛り上げる人たちのことです。

会員制の高級クラブなどではまず新人がする仕事でもありますが、たくさんのホステスとそのお客様と接さなければいけないため、かなりのトークスキルが必要となります。

指名客を持つホステスは指名してくれているお客様だけに深く支持を受けるトークをする必要がありますが、その一方で「ヘルプホステス」は様々なお客様やホステスと接する分、全員に広く支持を受けるトークをしなければなりません。

クラブやキャバクラのルールとしてお客様は原則ホステスを指名するとそのホステスが辞めるまで指名を変えることが出来ません。

しかしHさんいわく「ヘルプホステス」として大成すると、指名客を持っていたホステスが辞めたあとにそのお客様が指名してくれる「棚から牡丹餅現象」が良く見られるそう。

辞めたホステスと揉めそうですが、そこでも、「●●ちゃんなら良いよ」といってもらえるのが「万人受け女子」の特徴。

ではHさんが「ヘルプホステス」として席に着くときのトーク術を見ていきましょう!

(1)話の主導権を握らない

ママ、ママのお客様、ヘルプホステスの3人でテーブルにつくと、ヘルプホステスのHさんはまず聞き役に回るそう。

しっかり相槌を打ちながらもあくまで主役はママとお客様ということを忘れません。

「そうなんですね~!」「へえすごい! ママはどうなんですか?」という風に2人に話は振るものの、「私は●●で……」という自分主導の話はママやお客様から振られたときにのみ対応するようにしているそうです。

また、2人で込み入った話をしているなと感じたときはしれっとテーブルの上の整理をしたり、グラスを拭いたり、「二人だけの空間」を作るように心がけることも大事なのだとか。

(2)バレーでいう「セッター」の役割を

例えば会話の中でお客様の仕事の失敗の話が出たとします。

「俺を労わってほしい」と仮にお客様が思っていたとしてもママが「あ、ここは私なりのアドバイスを」と思ってしまい、思わず成功体験を話し、アドバイスをしてしまうと、お客様からしたらいい気はしません。

どれだけベテランのママやホステスでも選択を間違ってしまうことがあります。

そんなときHさんはお客様の声のトーンや表情を見て、すかさず「●●さん、すごく頑張っていらっしゃいますよね。また元気がでた時にママの言葉を思い出してくださいね。今はゆっくり飲みましょう。休むことも必要ですよね? ママ」

という風にお客様の気持ちを汲み取りながらママに優しく会話のトスを投げるのです。

すると「そう! ゆっくり休んで!」と最後はママがまとめることが出来ます。

(3)多くの雑学を身に着ける

ヘルプホステスは多くのお客様と接さなければならないため、常にアンテナを張って様々な情報を吸収しておくことが必要だというHさん。

政治からスポーツ、芸能など深く勉強する必要はありませんが、ある程度の知識は入れておく必要があるようです。

スポーツだけに特化した知識を持っている!というようないわば「収納力抜群の大きなクローゼット」よりも深くは知らなくてもまんべんなく知識を持っている「たくさんの小さな引き出しがあるタンス」になる必要があるそうです。

 

どうでしたか?

このトーク術はどんな現場でも応用できそうです。

仕事の商談や接客の現場はもちろんのこと恋愛に発展する前に上記のような「万人受け女子」のトーク術を身に着けていれば、その男性が自分にマッチングするのかどうかを広く見極めることも可能です。

あなたも日常に「万人受け女子」のトーク術を取り入れてみませんか?