ソレくわえるのは反則…!「DIYデートで彼に惚れ直した」瞬間3つ

彼と付き合って最初の頃はオシャレなお店に行ったりするのが楽しいですが、だんだんと行きたいところもなくなってきますよね。そんな時、ただの家デートでは物足りないカップルにおススメなのがDIYデート。家でオシャレな家具などを一緒に作ると、彼に惚れ直すかもしれませんよ。実際に惚れ直したエピソードを聞いてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:「危ないからちょっと離れて」

「一緒に彼の部屋で本棚を組み立ててたんです。で、だいぶできあがって、枠組みを立てて作業する段階の前に、彼が“本棚立てるからちょっと離れてて。危ないよ”って言ってくれて。当たり前なのかもしれないけど、“ケガとか心配してくれてるんだなぁ”って思って嬉しくなりました」(Kさん/29歳)

ーーKさんって結構男らしいところありますよね。

「そうなんです。普段は一人ででも本棚くらい組み立てちゃう。でも彼と一緒だったからちょっとしおらしくしてて(笑)。まぁ彼にも男っぽいところはバレてるんですけどね。それでも女として大切に扱ってくれると嬉しいんですよ」

DIYで少し大きめのモノを作ろうとすると、向きを変えるときなどに相手に当たってケガをさせてしまうなんてこともあり得ます。

こういうとき、彼女がケガをしないようにしっかり気をつけてくれると、すごく守られている感がありそうです。

 

2:力強くドライバーを回す

「一緒にDIYしてたときに、固くてネジが回らなくなって。“あぁ、無理だよぉ”って言ったら、“貸してみ”って言われて、すいすいドライバーを回してるのを見て“あぁ、やっぱり力の強さが全然違うんだなぁって」(Iさん/26歳)

ーー彼氏は力強いタイプなんですか?

「いいえ。どっちかって言うと見た目はひ弱に見えます。だから、普段あんまり男らしい感じを受けてなかったんですけど、このときに“やっぱり男の人なんだ”って再認識したらドキッてしました」

男と女ってそんなに違いがなさそうに見えても、実は力の差が結構あったりしますよね。

それを目の前で見せ付けられると、改めて相手が男性なことを再確認して惚れ直してしまうのかもしれません。

 

3:釘をくわえる

「私あれがダメなんです。DIYとかで作業してる途中で釘とかネジをくわえている姿! アレってすごくセクシーというか、かっこよくないですか?」(Oさん/29歳)

ーーあぁ、確かに独特のしぐさですよね。

「そう! 基本的に何かをくわえたままでいるのって、普通の生活だとあんまり行儀がよくないはずなんですけど。釘だけは別ですよね。自然とくわえてたりすると、慣れてるんだなって思うし。うちの場合は、父がDIY好きでよく見てたから、その影響かもしれないです」

子どもの頃に見た父親の姿って、女性にとっては男性らしさの象徴みたいになることがあります。

どんなところに男らしさを感じるかは人それぞれですが、釘をくわえるしぐさにまでフェチ的な人がいたとは驚きです。

 

DIYでは男らしさが見える!

DIYを一緒にしているときの話を色々と聞いてみましたが、DIYデートの全体的な特徴は、普段見えない男らしさが垣間見えるというところにあるようです。

食事デートなどではこれは味わえないので、普通のデートに飽きてきたカップルにはピッタリかもしれませんね。

 

DIYデートって経験したことがない人も多いでしょう。ですが、今は女性でも扱える工具などもたくさん出ているので、是非チャレンジしてみてはいかがでしょう。

思わぬところで、彼の魅力を再発見できるかもしれませんよ!