あなたは大丈夫?男が「かわいい子をデートに誘えない」理由3つ

みなさんは、男子からよくデートに誘われるタイプですか? あまり誘われない……そんなあなたは、もしかしたら「かわいすぎる」のかもしれません。男子にとって「かわいい子」はデートに誘いづらい一面もあるのです。恋愛コラムニストの箱崎キョウコさんにその理由を教えてもらいました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:連れて行ける場所がない

箱崎「かわいい子って、もうすでにいろいろなイイ男から、いろいろなイイ場所に連れて行ってもらえているイメージがありますよね。

デートって誘う側からすると、“わー。ここすごいっ! ありがとう”と思わせなきゃいけない責任を、すごく感じてしまうもの。

あまりモテなさそうな子だったら、どこへ連れて行っても“こういうの、したかった!”と喜んでくれそうだけど、男子に人気の子だったら、“イタリアンだったら、もっといいところあるわ”などと思われてしまいそう……。

そんな想像がブロックとなり、“かわいい子”は誘いづらくなってしまうのです。

デートに自信アリなハイスペ男子にしか近寄ってもらいたくない!と考えているのならばいいですが、そうでないならば、かわいいってだけで損していますね」

 

2:かわいいと思えない

箱崎「誰から見ても“かわいい”がゆえに、“俺はそこまでかわいいと思えないけどな……”と思われてしまう。そんな悲劇的なことは、実際の恋愛現場ではよく起こります。

人から“かわいい”と言われることで、ハードルがあがり、“そうかなぁ?”と思いやすくなってしまうんですね。“俺のタイプではないな”と。

女子たちが、“●●ちゃんって、かわいいよねー!”と連発するのは、本能的にこの現象を狙っている……なんて仮説をたてると、なんだか恐ろしいですよね。

この現象が起こっているかどうか、確かめるのはとても簡単。女子のほうから、ちょっと誘ってみればいいのです。

“俺はあまりタイプじゃないなー”と言っていた男子でも、ホイホイついてきますよ。本当は“かわいい”と思っているということですね」

 

3:じつは誘っている

箱崎「誘われないのではなく、じつはほんのり誘っているんだけど、かわいい女子側が気づいていない……という可能性もあります。

誘われないだけではなく、“自分はあまりかわいくない”ということまで自覚し、覚悟を決めた女子は、ガツガツと食いつきますから、ちょっとの誘いじゃない誘いも見逃しません。

“わー。そこ、行ってみたい! 連れてって!”と、積極的に働きかけます。

こういった女子がまわりにいることを自覚しないと、男子はその食いつきがスタンダードになっていますから、軽く誘ったとき、無自覚に無反応だと、“あまり興味がないのかな……”と、さざなみのように引いていってしまうんですね」

 

男子がかわいい子をデートに誘えない理由を3つご紹介しました。ちょっとかわいいってだけで、ゴリゴリの肉食系としか出会いのチャンスがなくなっているとしたら……損ですよね。上記の男心を理解して、やさしく誘いを引き出してあげてください。