と…届かないぞっ!「立ってするエッチ」に男子が抱く3つの本音

皆さんは普段、彼氏とどんな体勢でエッチを楽しんでいますか? いつもと違ったエッチを求めるとき、ベッドの上ではなく、“立ち上ながら”のプレイすることもあるでしょう。しかし、あなたがそれを「すごく気持ちいい」と思っていても、彼は違う思いを抱いているかもしれません! そこで今回は“立ってするエッチ”に対する、男性が抱いている本音について見ていきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:身体を動かしやすいから好き!

「立ってエッチすると、腰や身体が動きやすくなるので好きです。自由に動けると、エッチも気持ちよくなるので、むしろベッドの上でエッチをするより、立ってしたほうが好みですね」(Aくん、28歳/会社員)

ダイナミックな動きが可能

ベッドの上で行うエッチは、主に腰の筋肉を使って身体を動かしますが、立って行うエッチは身体全体の筋肉を使えるようになるので、むしろ動きやすくなるとAくんは答えてくれました。

自由に動けるぶん、男性は自分が気持ちいいように身体を動かすことができます。寝ころんで行うエッチでは出来ないような大胆な動きも、立ってエッチをするならば実行可能というわけ。

女性にとっても、男性がダイナミックに動いてくれると気持ちいいでしょうね。

普段はできない“気持ちいい動き”ができるから、立ってするエッチが好きだという男性は少なくないのでしょう。

 

2:気持ちいけど長時間は無理!

「気持ちいいとは思うんですけど、彼女の身体を抱えながら全身運動をすると、体力がすぐになくなって、膝がガクガクするんです。だから長時間は無理ですね(笑)」(Bくん、26歳/会社員)

体力の消費が激しい!

日頃の体力不足が原因で、彼女と立ってエッチをしていると、すぐに疲れてしまい、膝がガクガクしてしまうというBくん。もっと体力をつけて、彼女を喜ばせてあげましょう。

とはいえ、Bくんと同じように立ちエッチの最中に、疲れてしまう男性は少なくありません。ダイナミックな動きができるぶん、それだけ体力の消耗も激しいのです。

彼の動きが鈍くなってきたら、彼が疲れてきた証拠です。一旦ベッドに戻って、彼の体力回復をはかる必要があるかもしれません。

 

3:実は…アソコがアレに届かない

「僕と彼女、身長が同じくらいなんですけど、彼女のほうが足が長くて、立ってエッチをすると、たまに“届かない”ことがあるんですよね。だから、エッチをしているときに抜けちゃうことが多くて、立ってエッチするのは苦手なんです」(Cくん、27歳/会社員)

すぐに抜けそうになっちゃう

ベッドの上でエッチをする際には問題になりませんが、立ってエッチを行う際には、男女の身長差がちょっと問題になってきます。二人に身長差があると、男性のアソコが、女性のアレに届かない……なんて悲しい事態も起こり得るのです。

そこまで極端な身長差があるカップルは、あまりいないかもしれませんが、身長が同じくらいだと、エッチの最中に“男性自身が抜けてしまう”ということが頻繁に起こります。

エッチの途中にポロッと抜けてしまうと……なんとも物悲しいですよね。そんなことがエッチ中に何度か続くようならば、彼のために姿勢を変えてあげましょう。

 

いかがでしたか?

“立ってエッチ”に対しての男性の本音は様々。気持ちいけど、体力が続かなかったり、身長差が邪魔したり。でも、ちょっとした配慮で乗り越えられるものでもあります。

気持ちいいエッチは、男女で協力して作り上げるものですよね。