スタンプ嫌いじゃなかったの?男子が好きな女子だけに送るLINE4つ

もう日本における恋愛で、LINEはなくてはならない存在になったといっても過言ではないでしょう。スタンプの種類も多いし、既読になったかどうかも分かるし、それがプラスになるかならないかは別にして、LINEなしでは恋愛が出来ないほどになりました。そこで、一体男子が“どんなLINEを好きな女子だけに送っているのか?”について語ってみたいと思います!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:自分について多くを語る

俺って本当はさ……的な?

「自分のことばかり話すなんて自己チューな奴だ」なんて思ってはいけません。

男は、好きな女性には自分のことを出来るだけ多く知ってもらって、色んな側面があることを見せたいと思っています。

普段はバカをやって男っぽい印象を与えていても、本当は繊細でロマンチックなところがあれば、そんな自分の意外な一面を知ってもらいたくて、自分についてあーだこーだと話をするようになります。

「週末は何してたの?」→自分が話したい

あなたに「週末は何をしてたの!?」と尋ねて返事が返って来たら、必ず自分が何をしていたかも伝えます。

仕事が忙しいなら、具体的にどんなプロジェクトに関わっているのかなども、あなたが聞かなくても教えてくれるでしょう。

LINEだけでなく、実際に会った時も彼が自分について良く話すのなら、かなりあなたのことが好きな証拠です。

【新登場】LINE・キス特集「好きでもI Love You♡」

 

2:絵文字やスタンプが増える

好きな子が相手だと変わる!

男のなかには、「絵文字やスタンプで、コテコテに飾ったLINEを送って来る女性が苦手だ」と言う人が多いようですが、それでも自分が好きな子にLINEを送る時は、比較的絵文字やスタンプを送る回数が増えます。

女子のLINEのような絵文字でキラキラしたメッセージではありませんが、「楽しみにしてる」の後ろにニコちゃんマークや、「会えなくて残念」の後に泣いているスタンプを送信したりもしちゃうのです。

苦手でも使うようにがんばる理由は?

LINEでは、文字という平面上でのやり取りになるので、どうしても喜怒哀楽が伝わりにくいのが難点。

そこをカバーして、あなたとの会話を明るく楽しいトーンに保つのに絵文字やスタンプ。彼のLINEに可愛らしい絵文字やスタンプがチラホラ現れたら、良い兆しだと思ってOKです。

 

3:(笑)が多い

絵文字やスタンプと同じく、彼のメッセージに「(笑)」が多いのも良い傾向です。

あなたとのやり取りを嬉しく思っていて、楽しんでいることを伝えるのに「(笑)」の多用は効果的だからです。

筆者と仲良しの外国人の男友達は、気になる女子と英語でやり取りする時に、日本語の「(笑)」に当たる「Ha ha」を意識して多めに使うと言っていました。

ちなみに、ひと昔前に流行った「LOL(Laugh Out Loud=大爆笑)」はもう古いので、外国人男性とLINEをする時は使わない方がベターです。

 

4:会話を続けようとする

男にとってのLINEは基本連絡ツールだが……

話のネタが尽きたように思っても、また彼が質問でつなげてきて、会話を継続させようとしていたら、かなりあなたのことが好きな証拠です。

基本的に男は、LINEを単なる連絡ツールにとらえている場合が多く、他愛のない話をして相手との仲を深める手段には使わない傾向があります。

トークで盛り上がりたい!=恋してる

ところが、好きな女子なら話は別!

たくさんLINEでメッセージをやり取りすれば、二人の距離が縮まったような気がするし、それだけトークが盛り上がれば、数日空けた時にも連絡を取りやすいですよね。

そして、彼が面白い動画やニュースのリンクなどを送って来る場合も、かなりあなたからの反応を期待して、あわよくばトークに発展してくれればと思っているサインです。

あなたも彼に興味があるなら、ポジティブに反応してトークが盛り上がるようにメッセージを工夫してみましょう。

 

いかがでしたか!?

とにかく、男が好きな子とLINEをする時には、返信も早いしポジティブなエネルギーがあふれています。

彼とLINEでも仲良く出来るように、上に挙げたサインを見逃さないようにしてくださいね!