カウンセラーに聞いた!「キスマークつけたがる」男性心理とは?

肌を強く吸って跡をつける“キスマーク”。あなたは彼からつけられたいと思いますか? 「彼の愛の証だから好き!」という人もいれば、「目立つ場所につけられるのはちょっと……」という人もいることでしょう。こうしたキスマークにはどんな心理学的意味があるのか、心理カウンセラーの森川陽介さんにお話をうかがいました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

男性に聞く「恋人にキスマークをつけたいと思いますか?」

まず“キスマークをつけたい”という男性がどれくらい存在するのか、『Menjoy!』では20代~40代の独身男性417人に「恋人にキスマークをつけたいと思いますか?」と尋ねました。

「はい、つけたいです」・・・64人(15.3%)

「いいえ、つけたいと思いません」・・・353人(84.7%)

“つけたい”のは約15%と少数派であるという結果に……。

 

心理カウンセラーに聞く“キスマークをつけたがる男性心理”

ーーキスマークで“跡をつける”ということは、なんとなく独占欲が強いのかな?……というイメージがありますが、キスマークをつけたがる男性心理ってどんなものなのでしょうか?

森川「おっしゃる通り、キスの跡をつけるのは一種のマーキング行為ですから、“彼女は僕のものだぞ!”という独占欲の強さが見てとれますね。

その独占欲の強さの根底には、自信のなさがあります」

ーーえっ、独占欲と自信のなさって関係があるのですか?

森川「はい。彼女のからだに目に見えるマークをつけないと、安心できないのです。

本当に彼女と愛し合っているという自信があれば、わざわざキスマークなんてつける必要ないですよね」

ーーなるほど、キスマークをつけたがるのは、彼女との関係に不安があるからこそなんですね。

 

キスマークを拒否したい場合どうすれば?

ーー彼からキスマークをつけられて喜ぶ女性もいますが、あまり目立つ場所につけられるのは困るという意見も多いです。キスマークをつけられたくない場合、どのように対処すればいいのでしょうか?

対処法その1:はっきり断る

森川「その場合は、“私はイヤだ”とはっきり断っちゃっていいんですよ」

ーーえっ、でもそれだと独占欲が満たされなくて彼が怒ったりしませんか?

森川「彼の気持ちだけ受け止めてあげればいいんです。“あなたがそれほど私を強く思ってくれるのはうれしい”というふうに。

そのうえで、“目立つ場所は恥ずかしいからやめてほしい”と、自分の意思を伝えてみましょう」

ーーなるほど、一方的にはねのけるのではなく、まず彼の気持ちを受け止めてあげれば、納得してもらえそうですね。

対処法その2:彼の心を満たしてあげる

森川「さきほど申し上げたとおり、キスマークをつけたがるのは、自信がないからです。

ですから、キスマークをつけられたくなければ、日ごろから彼に自信をもってもらえるように接するのが根本的な解決策だといえます。

たとえば、彼のことをほめる。愛を伝える。感謝の気持ちを伝える。特に、ほめることは大切ですね。

パートナーからほめられて、自信をもつことができれば、キスマークをつけたいという衝動は、自然とおさまることが期待できます」

ーーすぐには解決できなくても、2人の関係を築きながら、彼に自信をもってもらえるようにしたいですね。

 

キスマークをつけたがる男性は自信がない。そんな心理学的な意味があったなんてちょっと意外ですよね。彼にキスマークを迫られて困っている人は、彼の気持ちを理解したうえで、今回ご紹介した対処法を試してみましょう。

 

 

【取材協力】

森川陽介(もりかわようすけ)・・・カウンセリングサービス所属の心理カウンセラー。恋愛、結婚、失恋、浮気などのあらゆる男女関係のお悩みに対して、男性心理をわかりやすく説明しながら、問題解決することを得意とする。