えっ…そんな理由が!? 「キスが好きじゃない人」の深層心理を解説

あなたはキス、好きですか? おそらく大半の女性は「YES」だと思います。大好きな彼ともっとキスしたいですよね。なのに、彼がキスに乗り気じゃなくて寂しさを感じることありませんか? 彼がキスに積極的じゃないのは、あなたを愛していないから……とは限りません! 実は、キスが嫌いな人には、意外な心理的背景があるようなのです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

キスが嫌いな人は実は自分のことが嫌い!?

彼がキスに積極的じゃないのは一体なぜ……!? 心理カウンセラーの森川陽介さんに“キス嫌い”の人の心理について分析してもらいました。

森川「唇を重ね合わせて唾液を交換するキスという行為は、愛し合う者同士で行えば、精神的に満たされるとても気持ちのいいものです。

それなのに、キスがあまり好きじゃない。愛するパートナーに対しても、キスをしたがらない……という人は、実は自己嫌悪が強いタイプだと分析できます。

本人も意識できていないことなのですが、キスによって相手を汚してしまうのではないか、というおそれを抱えているのです」

ーーキスで相手を汚してしまう!? なんだかその感覚、よくわからないのですが……。

森川「ちょっと想像してみてください。たとえば、ニンニクが強烈に効いた料理を食べたとしますよね。

その直後だと、口臭などが気になって、どんなに好きな人が相手でも、むしろ好きな人だからこそ、キスするのをためらってしまわないでしょうか?」

ーーあっ、その感覚ならわかります!

森川「キスが嫌いな人というのは、ニンニク料理を食べていなくても、常にそれと似たような感覚があるんです。

自己嫌悪していることは本人も気づいていないのですが、相手を汚さないように……と無意識のうちにキスを避けてしまうような傾向があります」

 

彼に“キス嫌い”を克服してもらうには?

ーー大好きな彼があまりキスしてくれなかったり、彼からキスを避けられたりしたら、彼女はショックですよね。でも、それは彼に嫌われているわけではなく、彼の自己嫌悪が原因かもしれない!?

森川「その可能性はありますね。ちなみに、一見するとオラオラ系に見える男性でも、実は深刻な自己嫌悪にさいなまれていることもあるんです。

彼のキス嫌いを克服させたいなら、自己嫌悪を解消させる必要があるでしょう。そのためには、彼をほめることが大切です」

 

自己嫌悪でキス嫌いな彼を上手にほめるには?

ーー恋愛に限らず、どんな人間関係でも“ほめる”ことは大切ですよね。ただ、性別が異なると感じ方も違うので、女性がほめたつもりでも彼の心には響かないこともあるような気がします。

森川「男性は競争心が強い傾向があるので、そこをうまくくすぐってあげるようなほめ方が効果的でしょう」

(例)「男の人って女心がわからないってよく聞くけど、あなたは私の気持ちをしっかり受け止めてくれるからうれしい!」

(例)「こんな素敵なお店、初めて!」

ーーただほめるだけでなく、他人と比較して彼を持ち上げるようにすると、より彼の心に響きやすいのですね。

彼のキスをほめるのはアリ?

ーー彼からもっとキスしてほしいなら、彼のキスをほめるのはどうでしょうか?

森川「“あなたのキス、上手ね”など、キスをほめるのもいいでしょう。ただ、キスについては“他人と比較”はやめておきましょうね! “元カレよりも上手”など過去の男性遍歴を想像させてしまっては、かえっていやな気分にさせるおそれがあります」

ーーあっ、そりゃそうですよね! そこは比較しないように気をつけないと……。

 

彼があなたとあまりキスしたがらないのは、あなたに愛情がないせいではないかもしれませんね。彼の心の奥底にある“自己嫌悪”が原因という可能性もあるので、彼のことをしっかりほめてあげましょう。

 

 

【取材協力】

森川陽介(もりかわようすけ)・・・カウンセリングサービス所属の心理カウンセラー。恋愛、結婚、失恋、浮気などのあらゆる男女関係のお悩みに対して、男性心理をわかりやすく説明しながら、問題解決することを得意とする。