ウソでしょ…!? 「知らずに親から受けてた」男女関係の呪縛3つ

子供の頃って“親から言われたこと”が絶対なので、他人の家のルールが自分の家のルールとは違うことを疑うことすらありません。筆者の周りにも、大人になってから自分の家の独自ルールに気づいた人も結構いました。そこで今回は、親からずっと言われ続けていて、大人になるまで信じてしまっていた「男女関係についての呪縛」を紹介していきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:付き合い始める前に恋人は紹介するもの

「小さい頃から“好きな人ができたら、とにかくすぐに家に連れてきなさい”って言われてたので、親が許さないと付き合えないんだと思ってました」(Uさん/25歳)

ーーちょっと過保護なタイプなんですか?

「それもあると思います。でもたぶん母親が、“自分が気に入った人と付き合って欲しい”って思ってたんでしょうね。昔男に散々泣かされてきたみたいなので(笑)。でも付き合う前に紹介するものだ!って教え方はどうかと思いますよ」

ーー実際に紹介したんですか?

「しようとして相手の男性に“まずは親に会うんだよね?”って聞いたら、“え? いきなり?”って驚かれて、そこで違うんだ!って気づきました。結局付き合ってから親に紹介しました」

親は第一に子供の幸せを考えるものなので、子供に悪い男がつかないように見張りたいという気持ちはわかりますが、それを世間一般のルールのように教えられてしまうとちょっと困りそうですね……。

付き合ってもいないのに両親に紹介されそうになった彼は、さぞ驚いたことでしょう。

 

2:O型とは付き合っちゃダメ!

「うちの親はO型を毛嫌いしてて、O型とは付き合っちゃダメって言ってました」(Gさん/27歳)

ーーすごい指定ですね!

「はい。母親の初恋の相手だか初めて付き合った相手だかがO型で、かなり浮気とか暴力とかで悩んだらしいんです。それから母親は、O型ってわかるとすぐに恋愛対象から外すようになっちゃったみたいで」

ーーでもそれは人によりませんか?

「そうなんですよ。で、私が初めて付き合おうとした相手がO型だったから一応母親に相談したんです。そしたら“絶対にダメだー!”って(笑)。でも納得できなかったから付き合っちゃいましたけどね。そんなに悪い人じゃなかったですし」

過去の恋愛で悲惨な目に合うと、似たようなカテゴリーに入る人が全員ダメな人に見えてしまうのはよくあることです。

ですが、自分が付き合う相手ならともかく、自分の子供が付き合う相手にまでそれを適応するのはちょっと……と思ってしまいますね。でもO型にも良い人がいるとわかってもらえるといいですね。

 

3:エッチは不潔

「両親が仲が悪かったせいなのかわからないですけど、母親からエッチに関するものは全部不潔みたいな感じで遠ざけられてたんですよ。だから、エッチするのって無菌室みたいなところで厳重なチェックの下でするのかと思ってました(笑)」(Hさん/27歳)

ーー無菌室って(笑)。

「今考えたらそんなことあり得ないんですけどね。だってみんなの家に無菌室があるわけない。みんなホテルとかでしかエッチできないってことだから。でも高校生くらいまでそう思ってましたね」

ーーなんで違うって気づいたんですか?

「友達に彼氏ができてエッチしたって話を聞いて気づきましたね。彼氏の家のベッドとかでもできるんだって(笑)。でも今でもシャワー浴びてからじゃないと絶対エッチはできないですけど」

エッチ=不潔という感覚は少なからず持っている人は多いかもしれません。でも無菌室までの考えに至るほどの人はほとんどいないでしょうね。

そんな設備のあるホテルがあったら是非一度行ってみたい気もします。

 

あなたは知らない間に変なルールを教えられていることはないでしょうか? 家独自のルールは、男女関係に限らずなかなか他との違いに気づかないもの。

人と違うなと思ったら、自分で調べてみたり友達に聞いてみたりして、世間一般とは何なのかを一度知っておいた方が恥をかかない可能性が高まりますよ。