やたらと●●する!男が「本命の女にしかやらない」行動4つ

男がセフレや、結婚するつもりのない彼女には「絶対できないこと」があるのを知っていますか? 本命と思っている女にしかやらないアレコレとは……。今回は恋愛心理カウンセラーの筆者が、男があなたを本命だと思っているかどうか、シビアに診断しちゃいますよ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:やたらと束縛する

彼氏にデートに誘われて、「その日はダメ」とお断りしたときに、「え……どこ行くの?」「誰と会うの?」など行動チェックをされたことはありませんか?

それ、本命の証です。

束縛男は相手に対して常に本命

束縛してくる男がイイというわけではないのですが、束縛する男性は相手に対して、必ず「この女がオレの本命」という意識を持っています。

セフレとか、結婚するほどでもない女に対しては、“エッチをしたいときにできない”という理由で会えないことを嫌がりますが、「会えないのなら会えないで、誰とどこで何をしていようと別に構わない」というのが本音。

とはいえ、行きすぎた束縛は勘弁していただきたいので、ほどほどに束縛してくる人を……というより、“会えない時間も気に掛けてくれる男性”という視点で選ぶといいですね。

 

2:くだらない連絡をやたらとしてくる

どうでもいい連絡をマメにしてくる男、いませんか?

例えば、聞いてもいないのに「今日は男ばっかの飲み会だよー」なんてLINEしてくる。「今、一人で夕飯食べてる……さみしい」とか言ってくる。

こういう男は、付き合っても、付き合っていなくても、あなたを本命と思っています。

「俺通信」=本命の証

女性に嫌がられる傾向のある、どうでもいい連絡。いわゆる“俺通信”。

男性の中には、「相手が自分に気が無いと分かっているんだけど、俺のどこかに興味を持ってくれないかな?と思って、ダメもとで俺通信する」という人もいます。

もっともこのタイプ、俺通信がかえって嫌がられて玉砕の原因になってしまうという一面も。

あなたはどうですか?

どうでもいい女に俺通信はしません。くだらない連絡がやたらと多い男は、ウザく思ってしまうかもしれませんが、あなたにぞっこんなのです。

 

3:やたらと自分の友達を紹介してくる

男性にとって、自分の友達に彼女を紹介するなら、それは「本命の彼女なんだ!」と大きな声で公言しているのと同じことです。

こんなとき男性は、こんなイイ女が、オレの彼女なんだぜ!と自慢したい気持ちで、友達に彼女を紹介しています。

逆にごまかされたら完全NG!

世の中には、付き合っているはずなのに、いざ友達に会ったときには「ああ……これ女友達だよ」とか、「イトコなんだ」と苦しい言い訳をする男性もいます。

このような場面に出くわしてしまったら完全NG。その男性はあなたと結婚するつもりは全くなく、セフレくらいに考えている可能性大!

社内恋愛で、バレてはいけない環境下にいる……という理由でもなければ、言い訳の余地はありません。

友達に、堂々と「彼女だよ」と紹介してくれる男性を選びましょうね。

 

4:やたらと家事をお願いしてくる

男性も独立して一人暮らしを始めると、それなりに家事ができるようにはなります。

それでも女性の手を借りたいとか、女性の温かみが欲しい……と寂しくなったとき、本命の女性には「家事をしてくれないかな?」と頼みたくなってしまうのです。

他の女には触ってほしくない!

女性でも、心を許していない人に家の中を触られるのは、同性でも嫌だと思うものですよね。男性は尚更、心を許していない女性なんかに家の中を触られて、めちゃめちゃにされたくないのです。

ましてや、「散らかってる」とお小言なんて言われた日にはブチキレたくなってしまうもの。

しかし、心を許している本命の彼女なら、家の中のどこをどんなふうに触られても、ものを動かされても、「そうか、こうしたほうがいいのか」と愛しく思います。

そして、「ダメじゃない、こんなに散らかして」なんて叱られてしまうと、かえってそれを心地よく感じてしまうでしょう。

 

男は心を許した相手には素直に振る舞う!

男には一歩家を出たら七人の敵がいる……なんていう、古い言葉もありますが、コミュニケーションで社会を乗り切る女性たちと違い、男はそう簡単に相手に心を許せる環境下にありません。

一方で、本当に心を許せると思った女性に対しては、非常に素直に振る舞い、家の中や部屋の中を自由自在にいじられることも厭わないものです。

自分が本命扱いされているのか、いないのか? 不安になったときには、素直に振る舞ってもらっているか、敵扱いされていないか、よく相手を観察しましょうね。