ズルい程にモテるっ!「いつも彼氏が途切れない」女の心得3つ

突然ですが、彼氏が途切れない女子になりたいですか? ついこの前、何年も付き合った彼氏と別れたと思ったらもう次の彼氏がいる。1回の恋愛は短命でも、常に恋人がいる。そんな女子に心当たりのある人も少なくないのでは? では、どうして恋人が途切れないのか? 著者知人でこのタイプにあてはまる、“魔性の女”としての魅力を持つ2人の女子に、その心得を聞いてみました!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

心得1:男子の前では“隙を出す”

「おっ。この子、イイな」と思った男子が“口説く”という行動に出るためには、隙も重要。

実際に、彼氏が途切れない女子たちに話を聞いてみると、

「彼氏がいても、男子の前ではわざと隙をつくる」(弥生・仮名)

「タイプな男子の前では、“口説いてもイイのよ?”という雰囲気を出す」(聡子・仮名)

とのことです。

隙のある女子ほど、“男子を寄せ付ける”のは間違いのないお話。では、そんな“隙”って具体的にはどんな風に醸し出すのでしょうか?

「彼氏がいることを隠す。聞かれれば答えるけど、自分からは決して言わない」(弥生)

「ゆるい女子にあえて見せかける。けど口説いてきたら誠実な女子だと打ち明ける」(聡子)

男子とのとっかかりになる“隙”とは、つまり“口説かせるキッカケ”を作れるかどうかにかかっているのですね!

 

心得2:甘え上手かつ甘えのレベルも調節

「恋人が絶えない女子は、男子に甘えるのが得意!」というイメージ、ありますよね。

男子は異性に甘えられると「頼りにされてるなー」と喜ぶ生き物だとも言われますし。

ならば、どんな風に甘えるのが効果的なのか?

「ペットボトルの蓋や缶のプルトップを開けてもらうところから探る。嬉々としてやってくれれば、そこからさらに甘えていく」(弥生)

「私は、計算で終電を逃し、“終電逃しちゃった! 帰れなくなっちゃった! どうしよう~”と甘え、そこから朝まで飲むチャンスにしてる。そうすると、一緒に過ごす時間が増えて、いつのまにか仲良くなれる」(聡子)

探りや計算を緻密に組み込み、甘えのレベルを調節……。甘えかたにもいろんな種類がありますものね。

やはりここでも、“キッカケ”を作り出すことに長けていることがわかります。

 

心得3:彼氏候補の“取り巻き”を確保しておく

あなたは、好きじゃない男子に、どのくらい“好きな雰囲気”を感じさせていますか?

「好きじゃない男子でも、“好き光線”を出しておくと、口説かれることが多い。全方位外交しておくのが、彼氏が途切れない最大のコツかも」(弥生)

「どんな男子にも“好意があるっぽい”ように見せておくのは大事。

“あれ? この子、俺のこと気に入ってる……?”と思わせる微妙なラインまでは押しまくる。

相手からバシバシLINEが届くようになったら、自分は一歩引くようにして彼氏候補をたくさん置いておく」(聡子)

いかに日頃から彼氏候補をそばに置いておくのか、恋人が途切れない女子はその“さじ加減”に長けていると言っても過言ではありません。

恋人がいるうちから絶妙な距離感で“取り巻き”を置いておけるからこそ、別れても次の候補がスグに見つかるというわけですね!

 

以上、今回は、彼氏が途切れない女子のズルい心得をご紹介しましたが、いかがですか?

恋人がいるうちから、次の恋人候補に“口説くキッカケ”を与え続ける……。これこそが、彼氏が途切れない極意にも繋がっているのは間違いないようです。