7割が伝えられてない!男性のパートナーに抱く「感謝の言葉」に感動

唐突ですが、恋人から“感謝”されている実感はありますか? 一緒にいるのが当たり前になりすぎると、言葉で相手に伝えるのは照れくさくてついつい怠りがち。男性たちだって本当は、言葉にせずともパートナーに対して深〜い感謝を抱いているのです! では、男性たちはパートナーに、どんな言葉で感謝を伝えたいと思っているのでしょうか……?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パートナーが「人生で一番感謝の気持ちを伝えたい相手」!?

PFUが実施した「感謝の気持ちに関する意識調査」で、「人生で一番感謝の気持ちを伝えたい相手は?」と質問すると、1位は「親」で56%が選択しているものの、2位には「恋人・配偶者」がランクインし25%が選んでいます。

1位の「親」は納得なものの、“人生で一番”の感謝を伝えたい相手がパートナーだという人がおよそ4人に1人もいるということ。

ところが、1位になっている「親」に対してでも「感謝は伝えられていない」という人が7割以上に……。

親にすら言えない“感謝”。恋人や配偶者が相手であれば、照れ臭さが増し“なおのこと”な人もいそうですよね。

同調査は20代~60代の男女551名に実施されたものなので男女比は不明ですが、男性のなかにも「彼女にはいつも感謝しているけれど、言葉には出してない」という男性も少なくないのかも。

そこで筆者は、「もし言えるなら、彼女や妻にどんな感謝の言葉を伝えたい?」と、パートナーがいる男性たち6人に直撃取材しました。

 

言えるものならなんて言いたい? 彼女に言いたい「感謝の言葉」

さて、みんなは“言えるものなら”どんな感謝を彼女に伝えたいものなのでしょうか!?

「俺が不規則な仕事なのに、文句も言わずにデートを合わせてくれてありがとう」(34歳・独身)

「いつも優しくしてくれてありがとう」(38歳・独身)

「こんな俺のこと、好きになってくれてありがとう」(29歳・独身)

「結婚願望がない俺に“待ってる”と言ってくれてありがとう(笑)」(34歳・独身)

「毎日、ご飯を作ってくれてありがとう」(38歳・既婚)

「自由な生活をしていても、怒らないでいてくれてありがとう(笑)」(35歳・既婚)

それぞれに感謝のポイントは異なれど、みなさん、パートナーには純粋な感謝の気持ちを抱いている様子がよくわかります。

しかしながら「それ、ちゃんとパートナーに伝えていますか?」と聞いてみると、6人が6人とも「NO」!

言えない理由をサラッと聞いてみると、「恥ずかしいから」「言わなくてもわかるかなと思って」などの声が寄せられました。

あなたの彼氏も、言葉にできないながらも、日頃から深~い感謝の思いを抱いているかもしれません。

 

今回は、男性たちが彼女や妻に抱いている“感謝”にフォーカスしましたが、いかがでしょうか?

男女は鏡だとも言われるだけに、パートナーから感謝の言葉をかけてもらいたい人は、「まずは自分が彼に感謝を伝えてみる」のもいいかもしれませんよ。

彼が言いやすい環境を作り出すことが、素直な感謝の言葉を引き出すコツになるのです。

 

【調査概要】
・調査対象:全国の20代~60代の男女551名
・調査方法:インターネット調査
・調査期間:2017年6月

  

【参考】

「感謝の気持ち」に関する意識調査 –  PFU

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!