【ズバリ回答!お悩み相談】彼氏イナイ歴30年どうやったら彼氏できますか?

相川葵のズバリ回答!お悩み相談シリーズ。今回は「彼氏イナイ歴30年……どうやったら彼氏ができるでしょうか?」というお悩みにお答えします。彼氏イナイ歴30年、今や特に珍しいことではありません。読者の皆様の中にも、ご自身やお友達がソレ、あるいはソレに近い!なんてこともあるでしょう。最近恋してないときの恋愛体質の作り方、指南いたします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

彼氏イナイ歴30年だけど彼氏が欲しいんです

ご相談はさくらさん(仮名)、30歳女性の方からです。

「言うのも恥ずかしいのですが、彼氏イナイ歴30年です。

まわりのみんなが好きな男の子や、誰々と付き合った……などと騒いでいるときにも、私には一切浮いた話はありませんでした。

自分で言うのもなんですが、それほど顔が悪いとか、太っているとかではないと思います。

ただ彼氏どころか、男性とコミュニケーションを取ることに関しては、どうしたらいいか全くわかりません。

先生、こんな私ですが、どうやったら彼氏ができますか?」

……とまあ、こういったご相談でした。

現在、“彼氏イナイ歴”が長いという人は男性、女性ともに急増しています。

恥ずかしいことではないですよ! 今回のご相談を参考にしてみてくださいね。

 

ぶっちゃけ男が近づきにくいのヨ!

では、さくらさんのお悩みに回答していきましょうね。

結構厳しいことも言うかもしれないけど、心して受け止めてくださいね。

スキのない女に男は近づいてこない

相川:さくらさんを見ていると、本当に普通の女性ですよ。どこにでもいる、絶対遊んでなさそうな、真面目に会社に通ってる感じのする女性。

さくら:自分でもそう思います。すごく普通なのに何がいけないのかなっていう。

相川:うん……とても言いにくいんだけど、すごく普通なのがいけないんですよ。遊んでない。ちょっと声をかけてみても、あっさりレストランやバーに付き合ってくれそうな感じもしない。もし街でナンパされたら断るでしょ?

さくら:はい。知らない男の人は怖いし、ついてはいかないですね。そもそもナンパされることもないですけど。

相川:そういうことがないように自分でブロックしているんです。服装も雰囲気もそう。だからね、もっとナンパされるような服装していいですよ。

さくら:え……だってそれは怖いです。

相川:あのね、ナンパはついていかなければいいの。見た目そんなにブロックしていたら、社内の人だって声をかけてくれません。断られそうな女性に声をかける男性はいないんです。そもそも見た目からスキをつくっていかないとね。

 

かわいげのある発言をする

相川:あとね、会社にいても結構頑張っちゃって、「私、できます」って何でも引き受けてない?

さくら:はい。まあそうしていかないと、仕事は仕事なんで……。

相川:まあ、それは、そうなんだけれど。自分の手に余ることを、誰か男性が助けてくれようとしたときも、「私、できるんで大丈夫です」って言ってると思う。違いますか?

さくら:それはまあ……できないと思われるのも嫌ですから。

相川:わかります。でも、やっぱり「ちょっとモテたいな」と思ったら、かわいげのある発言もしていけるように自分を変えないといけないですね。

例えば、何かしてもらって、「ありがとう」を出し惜しみしないこと。「お願いします」も遠慮無く言うといいわね。

そうしないと、何でもかんでも自分でできますって頑張って、結局男性に「あの子、男なんて必要としてないだろ」って思われてしまうだけだから。

さくら:そういうふうに見えているんですね……私。

 

輪を広げる努力をする

相川:それから、会社と家の往復! これも失敗のモトです。

さくら:どうすればいいんですか?

相川:いたって真面目なことは評価できますね。たとえば結婚した後ならそれも良いというか、むしろそうしたほうが良いのかもしれません。でも今のあなたは彼氏を探している立場でしょ。

それなら、合コンやパーティーに偏見を持っていないで、輪を広げる努力をしていかないと。あるでしょ? 偏見。

さくら:合コンとか、パーティーとかって、遊んでいるイメージしかなくて……。

相川:それで人脈を作って、彼氏どころか新しい仕事を開拓している人だって大勢います。

何なら婚活パーティーや合コンだけじゃなくて、朝活とか、異業種交流会というやつだっていい。輪を広げなければ出会いのチャンスはやってこないんですよ!

 

【今回のズバリ回答!】

思い切って自分を変えましょう!

相川:今までのあなたには彼氏ができなかった。それがすべての答えですよ! 思い切って自分を変えていきましょう。

さくら:ちゃんと真面目にやってきたつもりだったのに……。

相川:それって、今の自分に結構自信がありますよね? だから本音を言えば変わりたくないというか、なんで変化しなくちゃいけないんだろう?って思っている。

でもむしろ、今が化けどきとも言えます。お色気に、スマートな振る舞いに、真面目な本質。これを兼ね備えていてしかも男性初体験なんて、結構萌え要素満載じゃないですか!

さくら:そういう考え方もあるかも……!

相川:今までと変わらない10年を過ごすか、大化けする10年を過ごすかは、今のあなたの選択にかかっているんです。

“このまま”という選択は、“このまま”な未来しか生まないことを、よく考えてみてくださいね。