エッチしたい気分に…!「彼をその気にさせる」セクシー言葉7選

女子だって体調や気分によって、エッチしたい、してほしい!と思うことってありますよね。でもそんな時に限って、彼ときたら疲れているのかダラダラしていて、ぜんっぜんヤル気なさそう……。もうーっ、鈍感! そんな時には、してくれない彼をその気にさせる言葉を使ってみましょう! 恋愛心理カウンセラーの筆者が、彼をその気にさせる言葉を伝授します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:今日は甘えたいの……

ストレートに「くっつきたい」を伝える言葉は、女子が考えているよりも意外と効果あり!

男性だって、「もっと甘えられたいのになー」と考えていることが多いのです。なぜって、甘えられることは男性のステータスであり、自尊心を満足させることができるからなのです。

しかしこれは、相手の男性が極端に疲れていたり、毎日仕事で忙しい……というような状況下ではないときに使いたいセリフ。

なぜって、男性の側があまりに体力や精神力を消耗していたら、「オレのほうが甘えたいよ!」と思われてしまう可能性も高いからです。

相手の様子をよく観察しながらセリフ選びをしましょうね。

 

2:一緒に寝ていい?

男性が疲れていそうなときにも、使い勝手が良いセリフが、「一緒に寝ていい?」です。

このセリフは、相手に体力を使うことを強要せず、しかもすり寄って甘えるという行為を自然に実行できるもの。

相手が体力を消耗して、「もう寝たいなあ」と思っていても、「一緒に寝ていい?」なら「いいよ」と言いやすいですよね。

しかも、密着しているうちにムラムラしやすい、おいしい言葉です。

 

3:もっと愛してほしいなあ

最近してない!なんて会話の中に、「もっとしてほしい!」という気持ちを素直に織り込みましょう。

素直にといっても、「愛してほしい」というオブラートつきなのですが、この言葉を受け止めた男性は、愛するということについて自由自在に、言い方を変えれば自分に都合よく解釈することができます。

その都合のよい解釈の中には、もちろん肉体的に愛するという意味も入りますので、彼はドキドキしてしまうでしょう!

 

4:今日エッチな下着買ったの

ときには冗談めかして、下着で誘惑してみるのもアリ!

もしかして引かれるのでは……などと考える女子も多いのですが、本当にかわいらしいランジェリーであれば、好きな彼女に対してドン引きまでしてしまう男性はいません。

むしろ、かわいい下着を見せられてドン引きしたり冷めたりする男性では、この先付き合っていけるかどうか、よく考えたほうが良いでしょう。

「今日買ったおニューの下着見て見て!」と、ちょっとはしゃいだ様子で彼に見せつければ、最初は照れて興味のないふりをするかもしれません。

でも、そこでひるまずに彼にくっついてしまいましょう。

うやむやのうちにエッチしたくなる男性がほとんどですよ!

 

5:癒してあげるね

最初にご紹介した「甘えたい」の逆バージョンが、「癒してあげる」です。

昨今のストレス社会では致し方ないことなのかもしれませんが、“女子に甘えられたい男子”に比べて、“女子に甘えたい男子”もかなり増加傾向にあります。

特に、おっぱいに顔を埋めて癒されたい、くらいには思っている男性がほとんどなのです。

男性にとって、バストは癒しのアイテムですが、そこに顔を埋めているあいだになんとなくスキンシップが始まり、その気になるというのも男のサガ。

とっかかりとしてまずは、抱きしめてあげるところから始めてみましょう。

 

6:触りたくなっちゃった

これもストレートながら、「えっ、それって……!?」とドキっとさせる言葉です。

触りたくなったといっても、ドコと具体的に限定する必要はありません。強いて言うなら、「アナタを」ということですね!

おうちデートのシーンなど、彼が既に横になっているところへ、添い寝するような形が理想的かもしれません。

彼の腰回りなどを中心に、さすったり、マッサージをするように優しく撫でてあげましょう。

 

7:今日泊まれない?

あなたの家でのデート、あるいは外でのデートなら、是非このセリフで。

彼の家でのデートなら、「今日泊まっていっていい?」と変更してみましょう。

「離れたくないの……」というセリフと組み合わせて使うのもいいですね!

泊まりという言葉で、たいていの男性は「エッチOK」の気配を感じ取ることができます。

それまで全くその気がなくても、急にその気になる男性も多いでしょう。

 

本当は断られるのが怖いだけ!?

彼女がいても、なかなかエッチに誘えない……その理由としては単にシたくないというのではなく、「本当は、断られるのが怖い」「エッチを提案しすぎて、嫌われるのが怖い」という男性心理も挙げられます。

好きな女性、本命の彼女ほど、しょっちゅうエッチをしていて嫌われないだろうか……などと心配になってしまうのですね。

ですから、彼女の側から明確に「エッチOK」のサインを出してあげると、意外に男性も乗り気になることが多々あります。

エッチする気がないと思っているのは女性側だけ、ということも多いので、エッチしたいな……と思うときには結構あざとくOKサインを出してあげると良いでしょう!