夫婦だからこそ!「結婚後にしか経験できない」凄いエッチ4つ

結婚して夫婦になったらセックスレスになるというのは、一体どこから湧いて出たデマなのでしょうか? 筆者は「夫婦」という絆ほど“エッチが気持ち良い関係”は他にないと思っています。もちろん、恋人同士でも気持ちの良いエッチはできますが、果たしてそれが夫婦間のエッチの魅力に勝てるのものでしょうか。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

魅力1:ゴムなしエッチ

恋人同士ではできないことと言えばゴムなしエッチ。そりゃあまだ将来を誓い合ってない相手と容易にできるような行為ではありません。

エッチの本当の気持ち良さ

『Menjoy!』編集部メンバーの友人が昔、既婚者男性に「中出しの気持ち良さを知らないなんて二流の男だ」と言われたようですが、筆者も同じく既婚者の女性に「中に出されることがあんなにも幸せなことなんて、今までどうして知らなかったんだろう……」とつぶやいていたのを思い出しました。

本当はゴムを使わずに愛し合いたい。でも、恋人同士でいる限り簡単にできることではないですよね。旦那さんと奥さんの関係になれば、家庭を築き上げるためにもゴムは使う必要はないものなんです。

 

魅力2:様々なプレイに挑戦

恋人同士でも、好奇心で色んなプレイをしてみたい時はありますが、相手がその要望に応えるのか、まだ恋人だからこそお互いに遠慮してしまう事もあります。

汚れても気にしないでいい

夫婦になると、お互い同じベッドを共有し合う深い関係になっているので、やってみたいプレイがあっても普通の恋人の時ほど恥じらい、気を遣う必要はありません。長年一緒に過ごした関係でもあるので自然と相手の性癖も分かってくるものです。

やってみたいと思う食べ物を使ったプレイやローションプレイも、お付き合いをしている時はどちらの家でやるべきか、後々の片付けのことを考えると「ちょっと面倒くさいかも……」。夫婦では同じ家を共有しているのでそんなプレイをしても気を使う必要はないですよね。

 

魅力3:いつでもエッチできる

自分がしたい時に、エッチができる相手がそばにいるのはどんなに素敵なことでしょうか。

時間を気にせずゆっくりと

恋人同士ではデートする時間も、エッチする時間も限られています。せっかくデートで会えたとしても、その日は生理だったり、男性の方が疲れてそこまでノリ気でなかったりと、エッチしたくてもできない理由は色々ありますよね。そうなると、また次回のデートまでお預け状態。

結婚生活ではどうでしょうか? 夜、癒しを求めて仕事から帰ったら奥さんがそこにいます。週末ゆっくりエッチしたいと思った時、そばには旦那さんがいます。「帰らなきゃ……」と時間を気にせずにエッチできる。それほど幸せなことって、あるのでしょうか?

 

魅力4:本物の愛

筆者が思う一番の魅力。それは結婚する時に誓う「永遠の愛」。それが続かなかった夫婦がいたとしても、その時あった愛情は「本物」ですよね。

愛し合うからこそ気持ちがいい

「あなたが好きよ」と言い合う恋人たち。そこにはもちろん愛情があるからこそ言えることですが、その恋人との間に感じる不安がないとは言い切れません。

いつまで続く関係なのか、本当に自分が好きなのか、脳裏に横切る思いは様々です。

でも夫婦は、“健やかなる時も、病める時も、喜びのときも、悲しみのときも……”と真心を尽くすと誓い合っている関係です。夫婦という信頼できる関係であるからこそ相手を思いやり、自分の身を任せとことん気持ちのいいエッチに溺れることができるのです。

 

同じ食卓、同じベッド、一つ屋根の下を共に過ごす相手。

こんなにもたくさんの魅力に包まれる結婚生活に筆者は改めて強い憧れを感じます。

既婚者のみなさんも、そうでないみなさんも、夫婦エッチの魅力を感じることはできましたか?