たった3ステップでOK!出不精の彼氏を旅行に連れ出すテクニック

夏の旅行はどこにしよう!? と楽しみにしていたのに、何だか彼氏が乗り気じゃない……。「じゃあ、仕方がないよね~」とあきらめる前に、ぜひ試してほしい”彼氏を旅行に連れだす”テクニックをご紹介します! 彼氏を乗り気にして旅行を楽しむために、ちょっとだけ頑張ってみましょう。徐々に彼の気持ちが高まる、簡単な3ステップにまとめました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

STEP1:いくつか旅行先を考え、彼氏の反応を観察

ただただ「旅行に行きたい~!」と彼氏に言うだけでは、出不精の彼氏は「面倒くさい」や「お金がかかりそう」などのネガティブな印象しか持ちません。

ポイントは具体的にイメージできること

そこで、まずは具体的な旅行先を挙げて話をしてみましょう。

例えば、

「カンボジアのアンコールワットが素敵らしくて3泊4日くらいでいけるらしいよ」

「豪華にアメリカまで行って、ラスベガスで豪遊なんて非日常で楽しそうだよね」

「新幹線で行けば予約も大変じゃないから、名古屋旅行ってどうかな?」

「箱根でのんびりと温泉を満喫するのもいいよね」

などなど。具体的なイメージが伴えば、彼の反応も変わってきます。

国内がいいのか、海外がいいのか、のんびりしたいのか、アクティブに楽しみたいのか、自然系がいいのか、などなど。候補を色々と出してあげましょう。

 

STEP2:後日、反応が良かった場所の楽しい観光地やイベントをプレゼン

次に、1で確認した彼の反応をもとに、いくつか旅行地の候補を勝手にしぼりましょう。

そして、より具体的な観光地やできる体験、イベント情報などを場所ごとにまとめましょう。そのときに、日数や予算までおおまかで良いのでまとめて、彼と一緒に話すと前に進みやすくなります。

プレゼンは頑張ってパワーポイントでまとめちゃってもいいですし、簡単にLINEのノート機能にURLなどとともに送ってもOK。

 

STEP3:機嫌のいいときを見計らって日程を抑えて予約

2まで進み、いよいよ彼が行きたい場所が決まったら、いよいよ予約!

彼の「行きたい!」という感情が冷める前に、予約をしてしまいましょう。予約までしてしまえば、さすがに「やっぱ行かない」とは言い出さないものです。

タイミングが大切

大切なのは予約のタイミング。彼の疲れているときや不機嫌なときは避けましょう。

テンションが高いときや、機嫌の良さそうなときに、軽い感じで「この日程で大丈夫だよね? 予約しておくね!」と言ってしまいましょう。「うん」を引き出せれば、あとは予約するだけ。

できれば「うん」と言ってくれたその場でパパッと予約。事前にいくつかツアーなどの目星をつけておくとスムーズですよ。一緒にいるときに予約すれば、後から勝手に予約した、なんて言い訳もされません。

 

旅行は、きっと楽しくて良い思い出になります。ちょっとだけテクニックを使い、旅行に彼を連れ出しちゃいましょう。

帰ってきたら、予約などを頑張ってくれたあなたに彼も感謝してくれるはず!