ぜ~んぶ捨てちゃえ!彼の部屋から「元カノグッズ」を消す方法

彼の部屋で「明らかにこれ、元カノが買ったものだよなぁ」とか、「彼の趣味じゃないから、元カノとお揃いっぽいなあ」というモノを見つけたら、あなたならどう対処しますか? ムキになって「元カノのモノなんて全部捨てて!」と言ってしまうのはちょっと大人気ない気がしますよね。そこでアラサー女子たちに、彼の部屋にある“元カノグッズ”のオトナな抹消方法を聞いてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:「あれ?汚れてるね?」

「彼氏の家に行ったとき、コーヒーを入れてくれたんですけど、猫の柄とかで明らかに彼のセンスじゃなかったんですよ。だから、私とのお揃いのマグカップを買って置いておきたいなぁって思って」(Iさん/31歳)

――具体的にはどうしたんですか?

「2回目に彼がそのコップでコーヒーを入れてくれた後に、“あ、洗うのは私がやるよ”って申し出て、キッチンへ。そこから彼に“あれ?このマグカップ結構落ちない汚れついちゃってるね。そろそろ買い換えた方がいいんじゃない?”って言ってみたんです」

――ほぅ。彼の反応は?

「“あぁ、結構使ってるからねぇ”って特に問題なさそうでした。なので次のデートのときに“一緒に食器をみにいきたい”って伝えて、お揃いのマグカップとかお皿とかたくさん買って、元カノのだと思われるのは捨てておきました」

元カノが使っていた食器を彼女に使わせるなんて。彼にこだわりがないのならそれを利用して、あくまで自然な流れで食器を捨てる。素晴らしい対処です。

 

2:「洗濯したら縮んじゃった~」

「彼の家からはチョコチョコ“元カノが買ったんだろう”っていうモノが出てくるんですけど、いちばん気になったのがハンカチだったんです。ハンカチって外に持っていくから、周りの人が“彼女代わったのに同じの持ってる”って気づくんじゃないかと思って」(Yさん/28歳)

――気づきますかね?

「んー、私だったら気づくし、彼には私がプレゼントしたもの持っていて欲しいって言うのもあるから。だから、彼の家で洗濯とか手伝うふりして“ごめん! 洗濯したらハンカチ縮んじゃったみたい! 新しいのプレゼントさせて”って言ってみました」

――洗濯で縮みます?

「タオルハンカチ系だと結構縮むことありません? それに本当に縮んだかどうかが問題じゃなくて、新しいもの買わせてくれるかが本題なので(笑)。結局新しいのプレゼントしたら、それをずっと使っててくれています」

家事を手伝ってくれる“いい彼女”のふりをしつつ、自分色に彼を染めてしまおうというこの段取りの良さ。あっぱれです。

 

 

3:「いらないものまとめて処分しようよ~」

「彼の部屋ってすっごくモノが多いんですよ。で、その中にかなり女性っぽいモノが混じってて。元カノのモノなのかわからなかったけどあんまりいい気分じゃないから捨てさせてくれないかなぁってずっと考えてました」(Oさん/29歳)

――実践してみましたか?

「はい。まずはモノが多すぎるから少しずつ片付けようって説得して、最初は面倒くさがってたんですけど、捨てられれるものが多いって気づいたら彼も気持ちよくなったみたいで、だんだん色々捨ててくれるようになって」

――では、その女っぽいモノというのも?

「そうですね。特に多かったのが文房具だったんです。妙に可愛らしいペンとか。だから“このペンって全部使ってないよね? 出にくいやつとか全部処分しちゃうよ?”って許可とって、気になるヤツは全部まるっと捨てちゃいました」

これはさぞ気持ちよかったでしょうね。最初の目的は元カノの痕跡を消すことでしたが、最終的には彼の部屋の断捨離までできたのはまさに一石二鳥です。

 

元カノのものが部屋に置いてあるなんて信じられないと思うかもしれませんが、実際に男性たちはそれほど「誰からもらったモノ」かを気にせず使い続けていることも多いようです。

モノに無頓着な彼なら、部屋から元カノグッズを一掃して自分色に染めることも十分可能なようですよ!