いやいや暑いだろ!女心が分かってない「ムカついたデートプラン」3つ

とっても暑いのに、何故そのデートプランなんだ……? 彼氏の願望しか詰まっていないデートプランってたまにありますよね。彼氏に悪気があるわけじゃないのは分かるんだけど、「いやいや暑いだろ!」と、思わずムカついてしまった、女心が全く分かっていないデートプランを公開します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:浴衣大好きだから一日デートで

「彼氏は女性の浴衣姿が大好きらしく、“一日中浴衣を着てほしい”って頼まれたんです。嬉しそうに“お昼から浴衣で街を歩いたりご飯に行ったりして、夕方からはお祭りと花火大会に行って、夜は浴衣でムフフ”って計画を話されたけど、無理だから!って思わず怒っちゃいました。

夜でも暑さが大変な浴衣を一日中なんて、どんな拷問なんだよ……」(22歳/公務員)

浴衣って本当に暑い

男性は浴衣の暑さや苦しさ、大変さなどを分かってくれないもの。浴衣姿は確かにかわいいけれど、一日中なんて大変すぎます。怒っちゃうのも分かります。
余談ですが、浴衣でエッチなことをしたがる男性には、着付けの難しさや苦労にも配慮してほしいものです。

 

2:いきなりのテーマパーク

「サプライズで驚かそうとしたようで、車の中で”今日はテーマパークデートです!”って言われました。正直、ムカつきますよね……。日焼け止めや帽子、動きやすい服や靴がテーマパークデートには必須。

その日、私はご飯やお買い物の普通のデートを想定して、ヒールに、いいお値段のワンピースを着ていたんです。配慮してよ!」(27歳/OL)

喜ばそうという気持ちは嬉しいけれど……

彼氏が喜ばそうとしてくれた気持ちは分かりますが、大失敗ですね。女性にはいろいろ準備があると何度言っても理解してくれない男性は多いものです。

 

3:炎天下の中バイクで遠出

「ちょっと遠出しようと言われてドライブだと思い込んでいたら、まさかのバイク! いいお天気だったのでバイクで走りたいという彼氏の気持ちも分かりますが、絶対暑いし、日焼けも気になるし、体力的にも大変だし、慣れていない二人乗りは危ないし……。勘弁して」(25歳/事務)

直射日光はお肌の大敵

バイクは難易度が高い……。慣れていない人の運転には恐怖を感じることもありますし、体力的にも大変。また、走っているときの風が涼しいとはいえ、直射日光を長時間浴びるなんて暑すぎてイヤ!

バイク好きな男性は女性を喜ばせようと誘ってくれることもありますが、内心イラッとしてしまいます。せめて時期や時間帯、温度などを配慮してもらいましょう。

 

女心が分かっていない暑すぎるムカつきデートプラン、聞いただけどもイラッとしちゃいました。

暑さに配慮した優しいデートプランを立て直してもらいたいものです。