今年こそッ!彼に「花火大会に連れて行ってもらう」おねだりテク4つ

夏デートの鉄板「花火大会」。浴衣を着たり、いつもと違ったオシャレを楽しめるのもポイント。でも、人混みが苦手、暑いからイヤだ……なんて理由でなかなか彼が行きたがらないケースもあるでしょう。そんなときに使える「花火に連れて行ってもらう」方法を伝授します! 今年こそ花火デートを楽しみましょう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:浴衣買っちゃった~! 見せたいなぁ

花火大会に行きたくないと彼が言い出す前に勝手に浴衣を購入しましょう。先手必勝です。

そして、「浴衣買っちゃったんだ~! ●●君に見てほしいんだけど、花火大会行こうよ~」なんて甘え気味で頼みましょう。

「せっかく俺のために浴衣まで買ったんだから、連れて行ってやるか! 仕方ないな~」と思ってくれるはず。

もう買ったとなると、やっぱり見てみたくなり、ちょっと億劫だった花火大会にも連れて行ってくれやすくなりますよ!

 

2:グループデートを企画

周りから固めちゃう作戦です! 仲のいいカップルがいたら、先にそちらを誘い、花火大会にグループデートで行くというイベントを作っちゃいましょう。

その後、彼氏にグループデートの計画を話しましょう。二人だとなかなか腰の重い彼氏も、”みんなで”となると不思議と参加しようと前向きに検討し始めますよ。

 

3:車の中からでOKな花火大会へ

花火大会をイヤがる理由として多いのが、「暑さと人混みがキラい」というもの。その2点を見事に解決するアイテムが”車”です。

車からでも花火をキレイに見られるスポットや、車で行ってそのまま花火観賞がしやすい花火大会を調べて誘ってみましょう! もちろん、道は少し混むかもしれませんが、暑さと人混みに耐えながら待つよりずっと快適ですよ。

 

4:花火が見えるレストランやホテルを予約

レストランやホテルへのお誘いなら、断る男性は少ないはず。花火大会の日は混み合う場所が多いので早めの予約が必須です。

レストランやホテルの落ち着いた雰囲気のなかで見る花火も、風情があって素敵ですよ。大人の花火大会の楽しみ方という感じも素敵。彼氏もきっとご機嫌に花火を楽しんでくれます。

 

せっかくの夏ですから、花火などのイベントは抑えておきたいところです。彼を上手に誘って、楽しい思い出を増やしましょう!