あの時気付いてれば…「彼女に冷めた男」がとる分かりやすい行動3つ

あんなに好きって言っていたのに、いつの間にか態度が急変。「彼女に冷めてしまった」男性の分かりやすい行動を、経験女性の証言をもとにご紹介します。「今思えば、あの時気付いていればこうしてたのに……」なんて彼女たちの後悔を聞きながら、彼氏が冷めてきているサインを見逃さないように要注意です!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:時間やお金をデートにかけない

「別れる前の数カ月は、明らかにデートの回数も減ったし、たまにデートをしてもお金も時間もかからない内容ばかり。

今思えば、彼の気持ちが冷めてきていたんだとはっきり分かるのですが、当時は気付かずに、“もっと会いたい”、“もっとオシャレなデートや遠出がしたい”とワガママばかり言ってました……。

それもあってさらに彼の気持ちが冷めていったんだと思います」(25歳/事務)

振り返れば分かりやすいのに…

振り返れば分かることも、当時は気が付けないもの。彼氏の気持ちが冷めているサインを見逃さず、冷静に対処できるようにしましょう。

 

2:一緒にいるときにスマホでゲームばかり

「デート中もスマホばっかりいじるようになって、イライラが募っていきました。一緒にいるときまでゲームなんてしなくても……と思っていたんですが、今思えば“私と話すよりゲームが楽しい“というサインだったんですよね」(26歳/IT)

ゲーム以下の存在

それは悲しい……。一緒にいるときにスマホなどでゲームをする男性って多いですが、ちょうどその時間限定のイベントがある、他の友達と対戦の約束をしていて仕方なく、などの理由がないなら要注意です。彼の気持ちが冷め、あなたへの興味がゲーム以下になっている可能性があります。

【注目の記事】LINE・キス特集「好きでもI Love You♡」

 

3:LINEの返信が遅くなった/スルーが増えた

「もともとは毎日くだらないLINEを一日に何回も繰り返していたんですが、返信が驚くほど来なくなって……。忙しいだけかな、なんて思っていたけど、あれは完全に冷めていたんですね。

その後、彼氏は私をフッて、他の女性と付き合いだしたんです。その女性とのLINEが忙しくて、私とのLINEが減っていたんだと思います」(24歳/医療)

他の女性にLINEの対象が変わった

男性は主に連絡手段としてLINEを使っています。でも、好きな女性が繋がっていたいコミュニケーションツールとして利用すれば、それに付き合ってくれるもの。そんな何気ないコミュニケーションをとってくれないのは危険なサインです。

 

別れた後に振り返れば、冷めていたんだなぁととっても分かりやすい行動をとっている男性たち。

付き合っている間は、恋愛フィルターがかかって気付きにくいこともあるかもしれません。そんなときは客観的に判断してくれる友人などに相談してみましょう。明らかに冷めているよって教えてくれたら緊急対策が必要ですよ。