「ねぇ…水着脱げちゃいそう」海で狙いの男子と「ふたりきり」になる方法4つ

夏の海はちょっとした非日常テンションはマックスに! そこには男子を落とすのにチャンスがたくさん転がっています。ですが、仲の良いグループで遊びに行ってしまうと、お目当ての彼と2人きりになるチャンスに恵まれず進展なし……ということも。そこで今回は、海で2人きりになる方法を紹介しましょう。小悪魔女子たちに実体験を語ってもらいました!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:「足が熱いから待って~」

「よく使うのが“足が熱いから待って~”と気になる男子の手を引っ張ってゆっくり歩いてみる、って手ですね」(Uさん/25歳)

--そうするとどんな反応が返ってきます?

「たいていは“大丈夫? 急がなくていいから、ゆっくり行こう”とか“とりあえず水のあるほうに行く?”とかですね」

--2人きりになれますか?

「ポイントとしては、移動するとき気になる男子の後ろにポジションを確保することです。で、彼にだけ聞こえるくらいの声で伝えることでしょうか。じゃないとみんなに聞こえて、みんなでペースダウンしちゃうんで」

砂浜の熱さを見方につけて、彼との2人きりシーンを作る手でした。サンダルとかを履いていると使えないのが残念なポイントでしょうか。

 

2:水着が脱げちゃいそう

「気になる人に見えるように、紐ビキニの紐部分を必死で触っておきます。で、相手が“どうしたの?”と話しかけてきてくれたら、“水着が脱げちゃいそうで”と言うと相手はドギマギしながらとにかく隠そうとしたり、助けてくれるので2人きりになれますよ」(Iさん/26歳)

--そんなに上手く行きますか?

「男の人ってもしかしたら胸とか見えるかもって状態だと、絶対に近くにいてくれるんですよ(笑)。“好きな相手ならちょっとくらい見られてもいいかな”って思うので、そういうのも込みで相手にサービスしながら2人きりの時間を盛り上げます(笑)」

--え? 見せちゃうんですか?

「いちばん良いのは、ちょっと見えたかもって状態の時に“あー、今、見たでしょー!エッチー”とか恥ずかしがることですね。“しょうがないじゃん!”とか焦る姿も見ものですし、その後“そんなに見たいなら人がいないとこ行く?”って強引に誘うこともできますから」

なんと、2人きりになるだけでなく、その先まで考えさせるこの行動。大胆にならないとできないですが、彼はラッキースケベを狙って、あなたのそばに寄ってきてくれるかもしれませんよ。

 

3:「気分悪くなっちゃった……」

「あんまり頻繁にやると女友達からはヒンシュクをかっちゃうんですけど、私の場合はみんなが遊んでる時に“ちょっと気分悪くなっちゃったから、あっちで休んでていいかな?”って気になる男子に声をかけますね」(Wさん/29歳)

--でもそれじゃあ一人きりになっちゃうんじゃ?

「そこで看病についてきてくれないような男子はなしでしょー。大抵は“じゃあ、一緒に行こうか”って言ってくれるはずです。気分の悪い人を放っておいて遊べる男子は願い下げします」

--そこで相手がダメンズなら見極められるということですね。

「そうです。そのくらいの最低限の優しさを持っている人じゃないなら、たとえ2人きりになったとしても何もアプローチはしませんね」

たしかに“気分が悪い”といっている女子を置いて自分の楽しみを優先するような男子は、付き合っても優しさに欠けそうですね。ダメンズフィルターとしても一度使ってみる価値がありそうです。

 

4:「日焼け止め落ちちゃったみたい」

「午後とかに、気になる相手に話しかけられる瞬間を見つけたら、すかさず横に行って、“背中の日焼け止め落ちちゃったみたいなんだけど塗ってくれない?”と声を掛ければ一発です!」(Yさん/27歳)

--なるほど、それは役得なので、男子も付いてきてくれそうですね。

「はい。女子の体に触れる口実ができれば男子は喜びます。このとき手に日焼け止めを持っちゃっているとその場で塗られて終わりになっちゃうので、ちょっとはなれたところに荷物を置いておいて、その荷物の中に日焼け止めを一緒に取りに行って、そこで塗ってもらうと完璧ですね」

--実際にそれで2人きりになれました?

「もちろん。何度も色んな男子を釣ってます(笑)。日焼け止めの塗り方で、女慣れしてるかどうかとかもわかって面白いですよ」

塗り方がすごく手馴れていたりしたら、「ちょっと遊び人かも?」なんて判定もできるかもしれませんね!

 

いかがでしょうか? 普通に「あっちの岩場にカニさんとかいるかなぁ?」と直球で気になる男子を誘い出してもいいですが、今回紹介したような方法も知っておくと、場面に合わせて使い分けができそうです。

せっかく海に遊びに行ったのなら、一時でも好きな相手と2人きりの時間を作って、相手との距離を縮めたいですよね!