「生理的にムリめの男性」から告白されたとき、傷つけない対処法3つ

「男は顔じゃない!」とは言っても、やはり相手が恋愛対象になり得るかどうかは「キスできるかどうか」にかかっていると思います。「キスがムリ=生理的にNG」ということになりますが、そんな男性に恋されたら、どうやって彼の気持ちを傷つけずにフれば良いのでしょうか? 今回は、その対処法について語ってみることにします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:「悪いのは私……」

恋愛とは不思議なもので、自分が気になる人からは連絡が来ないのに、どう転がっても生理的にムリな男性からは、必死にアプローチされてしまうことが多々あります。

完璧無視で、冷たくフる方法だって選択肢にない訳ではありませんが、ここは、どうでもよい男性であっても、大人の女性らしく丁寧に断りたいところです。

まず、有効なフり方のひとつに、「断る理由は相手にあるのではなく自分にある」と伝えることです。

例えば、「以前の恋愛で傷ついて、今は一人になって自分を見つめ直したい」など、「悪いのはあなたじゃなくて私なの」的アピールなら、彼をフっても相手のダメージが少なくて済みます。

「これからは連絡をもらっても、返信は控えますね」

それでも、「じゃあ、傷ついたハートを僕が癒してあげるよ」とキモフレーズで食い下がって来る可能性もあるので、最初から「これからは連絡をもらっても、返信は控えますね」と言っておけば、彼からLINEが来て無視し続けても、「ひどい女だ」なんて思われることはないでしょう。

 

2:「大切な友達だと思ってる」

どうしても生理的に受け入れられない男性に告白されたら、「大事な友達の一人だと思ってる」と断れば、同じフラれたにしても、相手の男としてのメンツはある程度保ってあげられるはずです。

ここでのポイントは、勝手に相手に片想いされているとか、それほど親しい相手ではなかったとしても、“大事な友達の一人”だと伝えることです。

そして、「恋愛関係はすぐに壊れてしまうけど、友情ならずっと続くから」と言ってあげれば、彼はフラれたはずなのに人間として認められた気持ちになって、それほどショックを感じずに済みます。

「しばらくは連絡が来ても返信はしないようにするね」

続けて、「でも、告白されたことで友達関係がギクシャクしたら嫌だし、しばらくは連絡が来ても返信はしないようにするね」と、1番と同じく逃げ道を残しておくことも忘れずに!

 

3:「今、彼氏はほしくないの」

超タイプの男性に告白されたら飛びつくところですが、生理的にムリ目の男には、「今、彼氏はほしくないの」と言って断りましょう。

その理由が「元カレと別ればかり」でも、「仕事が忙しすぎて、彼氏のための時間が取れない」でも良いし、相手に「とにかく今は、誰が相手でも恋愛はしたくない」という含みで伝えることがポイントです。

そうすれば、相手は「俺だからダメだったんだ……」と落ち込むことはなく、男のエゴとプライドを傷つけずにフルことができちゃいます。

 

いかがでしたか!?

それでも、あまりにも相手の男がしつこかったり、ストーカーっぽくなっていたりしたら、キッパリ断ることも必要です。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!